萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
グローバルグラフィックス、飛躍の年に!
あけましておめでとうございます。 

 今年は酉年でもあり、大きな飛躍を達成すべく昨年より準備を進めて参りました。 ポイントは従来のRIPをベースとしたピンポイントのRIPコアのライセンスビジネスに執着しない新ビジネスの展開です。  勿論、世界をリードする蓄積された業界最先端の印刷技術を利用することは戦略上重要なポイントですが、いままでと異なりRIPのライセンスビジネスに執着せず、横展開を図り、ビジネスの飛躍を達成いたしたく思っております。 

 第一に、Fundamentalsと呼ばれる印刷基盤ソフトウエアパッケージ集のライセンスと、長年にわたる最先端の印刷専門知識を活かしたテクニカルサービス(BreakThrough Service)の提供です。 メーカーが直面している技術的な問題点の解決を当社エキスパートが強力に支援します。 

 第二に、RIPといったピンポイントテクノロジではなく、入稿から印刷ヘッドドライブにわたる広い領域で横展開を図ることです。 プリフライトから、面付、パッケージの3Dシュミュレーション、RIP、カラーマネジメント、スクリーニング、さらにはプリントヘッドのドライバテクノロジに至る技術を提供します。 

 第三に、上記横展開を図ったテクノロジのクラウド展開です。 Fundamentalsで提供されるソフトウエアを使用し、印刷ポータルサイトの開発が可能となります。 商業印刷では、まだまだ人が介在するワークフローが広く実施されおりますが、これらワークフローをクラウド上に移すことにより、入稿、プリフライト、認証といったプロセスをインターネット上に移し、業務効率を改善できます。 さらには世の中にまだ存在しないパッケージを3Dシュミュレーションできるので、強力な営業支援ツールにもなります。 このクラウドベースのソリューションに移行することにより、商業印刷におけるミッシングリンクを解決し、商業印刷の生産性を飛躍的に向上させます。

 第四に、デジタルドキュメント技術をベースとしたドキュメントソリューションです。 これには、デジタル教科書が含まれます。 デジタルドキュメントでは、検索等紙のドキュメントには無い付加価値が提供可能となります。 世の中は、ドキュメントの閲覧が、一部スマートフォンやタブレットに移行しており、従来の紙ベースのソリューションと並行し、デジタルドキュメントも提供できることがサバイバル上大変重要になるものと考えております。 当社では、従来の紙ベースドキュメントをデジタルドキュメントに移し、直観的な操作性を提供するデジタルドキュメント技術を提供しています。

 当社は、これら新製品を2月8日(水)~10日(金)まで東京東池袋のサンシャインシティコンベンションセンターで開催されるpage2017展で紹介します。 今回のpage2017展では、ブース面積を例年より広くして、上記新展開の説明ならびにデモを強力に行ってまいります。 是非グローバルグラフィックスのブースD-35に起こしください。
Roland D.G. Harlequin RIPの優位性をムービーで紹介
Roland D.Gさんが、グローバルグラフィックスのHarlequin RIPを搭載した新VersaWorks Dualの前VersaWorksに対する優位性を紹介するムービーを作成し公開しました。

◆Roland D.G.公開ページ
http://www.rolanddg.co.jp/academy/ondemand/promo01_03RVWD1.html

◆YouTube動画リンク
https://youtu.be/CnWk8TwUptY

◆ Roland D.G.アカデミーページ
http://www.rolanddg.co.jp/academy/index.html
グローバルグラフィックス、デジタルプリントジャパン2016に参加
グローバルグラフィックスは、12月13日(火)~14日(水)にかけて東京新宿の京王プラザホテルで開催されるデジタルプリントジャパン2016にイベントスポンサーとして参加します。 13日がWTiNデジタルテキスタイルコンファレンスとなり、翌14日がITストラテジーエグゼクティブコンファレンスとなります。 弊社はこれら両イベントに参加し、ネットワーキングレセプションで当社の最新ブロシャーを配布します。
Global Graphics, TTP Meteor Limitedを買収
ケンブリッジ (UK), 2016年12月5日 (18:00 CET): Global Graphics SE (Euronext: GLOG)は、本日プリントヘッドドライバシステムの専門会社であるTTP Meteor Limited (“Meteor”)の全発行済み株式を、UKケンブリッジ近郊にあるTTP Group plc (“TTP”)より買収したと発表しました。 

今回の買収により、Global GraphicsのRIPソフトウエアソリューションとMeteorの産業用プリントヘッドドライバソリューションとを連携させることで、インクジェット印刷機メーカーにさらに広いソリューションを供給できるようになるので、今回の買収は両社にとって計り知れないシナジー効果があり、戦略的にとても重要なものです。

英語版PRドキュメントは、以下サイトにポストされております。
http://www.globalgraphics.com/company/news/2016/12/05/global-graphics-acquires-ttp-meteor-
Global Graphics Software CEO Gary Fryの独占インタビュー記事
Global Graphics Software CEO Gary Fryの独占インタビュー記事が、プリテックステージ増刊の「デジタル印刷ビジネスBook」に掲載されてます。
gDocがJaws Document SDKに名称変更され、機能強化される!
gDocがJaws Document SDKに名称変更され、サポートする出力形式が拡張され、さらにクラウドベースのドキュメントビューワー等も強化されました。 詳しくは、http://www.globalgraphics.co.jp/サイトをご訪問ください。

Jaws Document SDKは、マルチプラットフォーム対応の技術(モバイル、デスクトップ、クラウド)であり、開発者にデジタルページのビルディングブロックへの無類なアクセスを提供し、ドキュメントへすべての見地からの自由な変更を可能にします。これはGlobal Graphicsの25年間以上に渡る円熟した印刷技術をさらに進化させたドキュメント科学をカプセル化したものであり、今や完璧なデジタルページを支える技術となりました。当社はこのSDK内部のすべての知的財産(IP)を保有しているので、将来技術の方向性や速度をコントロールすることが可能です。Jawsの如何なる部分でも、他社コンポーネント製造メーカーの技術に依存しておりません。
Digital Print Japan 2016に参加決定
Digital Print Japanはテキスタイル、商業ならびに産業用インクジェット市場のトレンドと技術に焦点を当てたイベントであり、今年は12月13-14日に東京新宿にある京王プラザホテルで開催されます。 Digital Print Japan 2016は、WTiN Digital Textile Conference (12月13日)とIT Strategies Executive Conference(12月14日)から構成されます。 当社グローバルグラフィックス株式会社では、この両コンファレンスにスポンサーとして参加させていただくことになりました。 
日本語gDoc-jpサイトの廃止!
日本語のGlobal Graphicsホームページ(http://www.globalgraphics.co.jp/) がリニューアルされましたのでgDoc-jpサイトは廃止することにしました。
Gary Fry インタビュー動画がYouTubeにアップロード
Global Graphicsビジネスと戦略をDrupa会場で簡単に説明する Global Graphics Software CEO Gary Fryインタビュー動画がYouTubeにアップロードされております。

https://www.youtube.com/watch?v=SJc1caYKLuM

Digital Print Japan に参加
12月13-14に新宿の京王プラザホテルで開催予定の Digital Print Japan 2016 に参加する方向で調整中です。 詳細は別途このブログにてご連絡させていただきます。
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.