萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
Hybrid Software 新作ムービーを公開
 Global Graphics PLCの子会社であるHybrid Softwareが、デジタル段ボールプリプレス用の優れたPACKZ用の新作ムービーを公開しました。 長さは約12分で、最新のPACKZ機能とコルゲートプリプレスのベストプラクティス(もっとも効率の良い手法)を網羅しているので、一見の価値があります。

https://youtu.be/3G1aAV0_n9k

デジタル印刷ビジネスBookに記事が掲載されています。
 2月26日発行の月刊プリテックステージ2月号増刊、デジタル印刷ビジネスBook 2021冬号のインクジェット印刷機の現在地特集に「超高速処理・品質補正のインクジェットスクリーン」というグローバルグラフィックスの記事(p28-29)が掲載されています。 今回はスタンドアロンのインクジェット用のスクリーニングエンジンであるScreenProとそのオプションのPrintFlatを紹介しています。 
page2021オンラインを終えて
 page2021オンラインが2月28日に終了しました。累積PV数は、440,346との事ですが、感覚ではやはりリアル展示会の方が疲れるが、やり甲斐や効果は高かったなという感覚だ。 単に道を通る人が見るかもしれないポスターを掲示板に掲載しているだけといった感触で、リアルにブースを訪れる方々と直接ビジネスや探している技術・製品を話せる価値は比較にならないほど大きかったなという気持ちでいます。 来年はリアルのpage2022が開催できるようになることを期待しています。

 しかしながら、私自身リモートワークが定着し、新しいビジネスの遣り方に慣れるにつれ、コロナ禍の中で、これが新しいプロモーションの仕方なのかなといった気持ちも一方にあります。 ワクチン摂取が進み、アフターコロナとなった時、はたして以前のビジネスのやりかたに戻るのでしょうか。 とりあえず筋トレに励む今日此頃です。
武藤工業さんに関する記事
 グローバルグラフィックスのパートナー企業である武藤工業さんに関するNessanの記事が以下サイトにございます。

https://www.nessancleary.co.uk/mutoh-launches-mark-ii-printers/

ミヤコシさんに関する記事
 グローバルグラフィックスのパートナー企業であるミヤコシさんに関するNessanの記事が以下サイトにございます。

https://www.nessancleary.co.uk/miyakoshi-stretches-its-wings/


プリテックステージ2月号でグローバルグラフィックスのpage2021オンライン出展内容を紹介
 月刊プリテックステージの2021年2月号の「page2021オンライン見どころ」で、グローバルグラフィックスの出展内容を紹介していただいております。

「page2021オンライン」、本日開幕!
 本日2月8日から開幕した「page2021オンライン」に、弊社グローバルグラフィックス株式会社は参加しています。 是非「https://page.jagat.or.jp/index.html」から入場登録を行い是非弊社ブースをご訪問ください。弊社ブースへはPREMIUM会員にリストされるGLOBAL GRAPHICS SOFTWAREロゴをクリックしてください。
「page2021オンライン」まもなく開催
 来る2月8日(月)~28日(日)までオンライン展示会である「page2021オンライン」が開催されます。 事前来場登録(無料)は以下から行えます。

https://page.jagat.or.jp/online.html

 このオンライン展示会では、Global Graphics傘下企業の業界をリードする技術をベースとした、高速ワンパスインクジェット印刷機用のコンプリートなRIPシステムであるFundamentals、インクジェット印刷機用の高品質で高速なスクリーニングエンジンであるScreenProと印刷濃度ムラを軽減するPrintFlat技術、そして電子ドキュメントSDKであるMakoをご紹介させていただきます。是非弊社ブースにお立ち寄りください。
GLOBAL GRAPHICS PLC、HYBRID SOFTWAREグループの買収を完了
1月13日(UK時間)に「GLOBAL GRAPHICS PLC、HYBRID SOFTWARE グループの買収を完了」というプレスリリースが発行されましたので、以下ご案内させていただきます。

========================================================

プレスリリース

GLOBAL GRAPHICS PLC、HYBRID SOFTWAREグループの買収を完了

ケンブリッジ(英国)、2021年1月13日:Global Graphics PLC(Euronext:GLOG)は、2021年1月8日金曜日に開催された株主総会で株主決議が可決された後、Congra Software S.à r.l (“Congra”)からHYBRID Software Group S.à r.l. (“HYBRID Software”)の買収を無事に完了したことを発表しました。

HYBRID Softwareは、グラフィックアート業界向けのエンタープライズソフトウェアに焦点を当てたソフトウェア開発およびマーケティング会社のグループであり、ラベルとパッケージにフォーカスを当てています。Global Graphics Software、Meteor Inkjet、Xitronと並ぶGlobal Graphicsグループの4番目の子会社となります。

この買収により、従業員数の点でGlobal Graphicsグループの企業規模は約2倍となり、グローバルな従業員数は約250人に拡大しました。 ルクセンブルク、ベルギー、ドイツ、イタリア、フランス、米国にあるHYBRID Softwareのオフィスを通じ、グループには更にいくつかの営業拠点が追加されます。 Global Graphicsは通常、収益の約3分の1を各会計年度のR&Dに投資し、強力なソフトウェア開発チームを擁しています。このチームは、HYBRID Softwareの追加により75人以上のエンジニアチームに拡大されました。

Global Graphicsは、グラフィックスおよび産業用インクジェット印刷用のソフトウェアおよびハードウェアソリューションの開発に専念しており、革新性で高い評価を得ており、その傘下企業のいくつかは、権威がある業界賞を受賞しております。Meteor InkjetとGlobal Graphics Softwareは 羨望の的であるQueen’s Award for Enterpriseを受賞しています。 Global Graphicsは、相手先ブランド供給(「OEM」)テクノロジーの主要サプライヤーであり続け、ラベルとパッケージに関するHYBRID Softwareの専門知識を通じ、プリントサービスプロバイダー、コンバーター、およびOEM向けソリューションの顧客重視のサプライヤーです。

Global Graphicsの会長であるGuido Van der Schuerenは、次のように述べています。「この買収は戦略的に最適です。 これは、お客様、従業員、株主にとって朗報です。 今後もステークホルダーの皆様を支援することで企業価値を高め、上場企業であり続ける意向を再確認してまいります。 パッケージ業界がデジタル印刷への移行を続ける中、Global Graphicsのハードウェアおよびソフトウェアソリューションには大きなチャンスがあります。そのため、HYBRID Softwareをグループに加えることで、ラベルとパッケージのシェアを拡大することができます。 革新的な新製品からサブスクリプションベースのライセンスモデルに至る、顧客の要求に応え、新しいイニシアチブを開始するとき、エキサイティングな時代が待ち受けています。」

Global GraphicsのCEOであるMike Rottenbornは、次のように述べています。「今回の買収により、Global Graphicsはそれぞれの力を単純に合わせたより強力になります。 市場要件は変化しており、会社の将来の成長にとって、私たちがそれに対応する立場にあることが重要です。 お客様はより多くの機能を日々求めており、ラベルおよびパッケージセグメント向けの強力な新しいデジタルフロントエンドから始めて、より幅広いソリューションを提供できる立場にあります。 産業用インクジェット市場向けの新製品開発も期待されています。産業用インクジェット市場は、進化し成熟するにつれて、新世代のソフトウェアおよびハードウェア機能が必要になります。 ラベルとパッケージセグメントで得られた印刷可能ファイルの生成とエンタープライズ制作ワークフローに関するHYBRID Softwareの専門知識を活用し、これを提供するサービスすべての業界セグメントに拡大することができます。」

HYBRID Softwareは、CLOUDFLOWワークフロー製品で長年Harlequin RIP®のインテグレーターであり、最近では、Fundamentals™デジタルフロントエンドの技術レベルでGlobal Graphics Softwareと協業しております。 ミシガンを拠点とするXitronは、Harlequin RIPの長年の顧客でもあり、OEMにプリプレスおよびデジタルソリューションを提供する商業印刷業界で活躍しています。 XitronのNavigator DFEは、産業用インクジェットシステム用のプリントヘッドドライバソリューションの大手開発者で姉妹会社であるMeteor Inkjetのインクジェットヘッドドライブボードをサポートしています。 Global Graphics Softwareは、Harlequin RIPの開発者であり、さらにデジタル印刷用の他のテクノロジーコンポーネントと共に、Global Graphicsグループは、グラフィックスおよび産業用インクジェット印刷用の魅力的なソリューションのスタックを市場に供給しています。

HYBRID Softwareの買収の対価は8,000万ユーロで、Congraに21,074,030株のGlobal Graphics株を発行することで完全に満たされました。

2020年12月31日に終了した年度のHYBRID Softwareの収益は約1,700万ユーロ、EBITDAは約550万ユーロになると推定されています(監査を条件として)。 HYBRID Softwareは、買収の終了日を含む報告期間、つまり2021年6月30日までの6か月間の要約連結財務諸表から始まる2021年12月31日に終了する年度から有効なグループの連結財務諸表に含まれます。 買収に関する詳細については、同社のWebサイトhttps://investor.globalgraphics.com/investors/hybrid-software-acquisitionを参照してください。

========================================================

尚、英語版のPRドキュメントは以下にございます。

https://investor.globalgraphics.com/news/2021/01/13/global-graphics-plc-completes-acquisition-of-hybrid-software-group
page2021リアル展示会の中止とオンラインへの移行について
 来たる2021年2月3・4・5日に開催を予定していたpage2021リアル展示会が、1月7日夕刻に発出された政府の緊急事態宣言を受けまして、中止となったことが本日発表されました。  尚、弊社が参加予定であるWeb上の展示会である「page2021オンライン」は2021年2月8日(月)から2月28日(日)まで予定通り開催されますので、是非page2021オンライン展示会のグローバルグラフィックスブースをご訪問ください。
copyright © 2021 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.