萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
Global Graphics テクニカルセミナーを開催
 来る5月23日(水)、弊社ライセンシー企業様、開発パートナー企業様、弊社技術の採用をご検討いただいている企業様、そしてジャーナリスト様向けに、テクニカルセミナーを弊社東京永田町のオフィスで開催させていただく運びとなりました。今回のテクニカルセミナーでは、Harlequin 12とMakoの新機能のご紹介はもとより、弊社最新スクリーニング技術やこの度採用されたPDF 2.0対応の利益や対応しない場合のリスク等の話をさせていただきます。 またセミナーの後で予定されているカクテルパーティでは、業界のソフトウエア技術を先導する弊社テクニカルリードとの親睦を深め、深い知見に基づいた意見交換をしていただけます。 パートナー様の製品企画で価値ある情報を入手していただける場となればと期待しております。

講演者:
※Martin Bailey : CTO and VP of Product Management
Martin Baileyは、ドキュメントワークフローと印刷ワークフローの現在と将来のニーズを分析し、Global Graphicsの商品戦略に取り込むための活動をしています。 これにより、Global Graphicsの業界をリードするドキュメントと印刷技術を先導することができます。 Martinは、PDF 2.0、PDF/A、PDF/VTの標準化を行う委員会の主要な英国エキスパートとして活動してきました。そして、多くの業界団体および標準化委員会でGlobal Graphicsを代表しております。

前回2015年に開催されたHarlequin Technical Seminarの様子

HQN_technical_seminar.jpg
PDF 2.0 /ISO 32000-2:2017仕様の発行
 ついにPDF 2.0 / ISO 32000-2:2017の仕様が先日やっと発行され、以下ISOのサイトから購入可能となっています。

https://www.iso.org/standard/63534.html

もしくは、日本規格協会からも冊子もしくはPDF版が購入可能となっています。 価格は税込みで25,660円となっているようです。

https://webdesk.jsa.or.jp/books/W11M0090/index/?bunsyo_id=ISO%2032000-2:2017

PDF 2.0 / ISO32000-2に関しましては、2010年の1月にその取り組みを紹介し、当初は2011年第2四半期に発行予定とお伝えしたものが、遅れに遅れやっと先日発行に至ったものです。 当社製品のPDF 2.0対応スケジュールに関しましては、お問い合わせください。
アビッド・フレックス株式会社、PackZの販売を開始
アビッド・フレックス株式会社、PackZの販売を7月6日から東京国際フォーラムで開催されているラベルフォーラムジャパン2017で開始しました。
Avid.jpg
PackZとMeteorの最新カタログの配布が開始されました
PackZとMeteorカタログの最新版が、Global Graphics Annexサイトからダウンロードしていただけるようになりました。 是非、以下サイトからダウンロードしてください。

http://www.globalgraphics-jp.jp/
グローバルグラフィックス、Meteorのインクジェットヘッド・ドライブボードを展示
DSC_0851.jpg
 グローバルグラフィックス、page2017の同社のブース(D-35)で、Meteor Inkjetのインクジェットヘッドのドライブ用ボードを展示しております。 またメジャーなインクジェットヘッドをドライブする製品カタログを配布しております。 
copyright © 2018 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.