萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
CLOUDFLOW製品紹介の補足
 前ブログでは、CLOUDFLOWでPDFの入稿からPrint Ready PDFを作成するまでのワークフローの自動化を、入稿データーの認証プロセスの自動化を例に取り説明したが、これは一つの例に過ぎません。 CLOUDFLOWの本来の利益と価値は、殆どの商業印刷のプリプレスワークフローの自動化ができることであり、さらに作成されたワークフローはWebベースで利用できるので、地域的に広がりがある拠点での業務をインターネットを通して統括でき、さらにそのワークフローが視覚的な方法で簡単に作成できることです。

 また、デジタル印刷領域では別な進化をしており、CLOUDFLOWの機能の一部をDFEに組み入れ、入稿からインクジェットヘッドのドライブまでをトータルでカバーするFundamentals、さらにスマートファクトリー化を支援するために、OPC UAとAI機能を加えたSmartDFEに至る製品を提案しており、今後のブログではこれらの製品を紹介していきたいと思います。
入稿ファイル認証の自動化
 今回は Hybrid Software の CLOUDFLOW を紹介し、認証システムとして利用する例を示します。 Hybrid Software はベルギーの企業で Global Graphics Software と同じ Hybrid Software Group 傘下企業の一社です。 同社の PACKZ と CLOUDFLOW は世界中の主要なラベルとパッケージ企業で広く採用されています。 

 CLOUDFLOW は、オンプレミスもしくは AWS などのクラウド上にインストールして使用します。 Global Graphics が提供するクラウドサービスではありません。 複数ユーザーが自身のアカウントで LAN やインターネットを通して遠隔地にある自身の PC 上の Web ブラウザから使用できます。 CLOUDFLOW では、PACKZ のプリプレス機能を連携させ、顧客ワークフローを自動化することができます。 カスタムワークフローの作成は Web ブラウザ上で視覚的に行えます。 またクラウドにインストールし有償のプリプレスサービスを提供することも可能です。

 今回は、認証プロセスの自動化を行うワークフローを例に説明します。 通常 Web to Print では、入稿後指定された PDF 形式で入稿されているかどうか、入稿されたアートワークに問題がないかどうか等の検証を行いますが、多くの Web to Print サービスでは何処に問題があるか、具体的な説明を Web ブラウザ上で示してくれません。 例えば、入稿 PDF 内部に RGB 形式の画像が含まれているとか、解像度が低い画像が含まれているとは教えてくれますが、具体的なオブジェクトの指示をしてくれません。 今回紹介する自動認証システムの例では、入稿後プリフライトチェツクが行われ、問題箇所を Web ブラウザ上でリストアップし、さらに問題箇所をハイライト表示されます。 更に表示を切り替えて、ホワイトやスポットカラーを使用しているオブジェクトを確認することも可能です。 そして、もし問題が無いと判断された場合には、「承認」ボタンをクリックすると校了となり、次の印刷ステージに進めることができます。 さらに、Web 上での多段階認証も可能であり、デザイナーの認証の後、ブランドオーナーに認証を求めることも可能です。 これらのプロセスを Web 上で自動化できるので、夜間や休日でも、印刷の認証プロセスを印刷会社のスタッフを使わずに進めることができます。 以下は、プリフライトで指摘された問題点のリストと、問題箇所をハイライト表示する例です。

Approval_small.jpg


 このように印刷会社のスタッフを介在せずに、印刷認証プロセスを進めることが可能となり、スマートファクトリー化の最初のボトルネックを解消できます。
商業印刷で避けて通れない自動化
 商業印刷で利益を上げるには、価格を上げる、大量に販売する、コストを下げる等の方法があります。 価格を上げるには、機能性印刷や高品質印刷などの利益率の高い商品にシフトする。 大量に販売するには、価格を下げる、Web to Printで集客力を高めるなどが考えられます。 そしてコストを下げるには取り扱い量を増やし消耗品の価格を安く仕入れる、Web to Printシステムで自動受注を実現し自動認証システムなどにより人件費を抑える等の方法が考えられます。 page2022では、貴社もしくは貴社のお客様の利益を更に向上させるために、今や避けて通れないスマートファクトリー化を実現するための当社の提案をご紹介させていただきます。

 1つ目は、オンプレミシスやクラウド上でWeb to Printの自動認証システムを含め自動受注を実現するHybrid Software(ベルギー)のCLOUDFLOWの提案。さらに、入稿からインクジェットヘッドのドライブに至る超高速のインクジェット印刷機用のコンプリートソリューションであるGlobal Graphics Software(英国」のFundamentals/DIRECT(PINNACLE INTERTECH TECHNOLOGY AWARDを受賞)/SmartDFEの提案とデモを行わせていただきます。 

 グローバルグラフィックスは、印刷業界で世界を先導する技術を有するリーダー企業の技術を日本の印刷関連企業様に紹介し、パートナーシップを締結し、ブレークスルーテクニカルサービスでお客様の要望機能を実現し、お客様のIP技術を統合し、テクニカルサポートを日本ローカルで日本人スタッフが提供し、日本のお客様と共に反映していく企業です。 当社グループ(Global Graphics Software (英)、Meteor Inkjet(英)、Hybrid Software(白)、Xitron(米)、ColorLogic(独))のパートナーになると常に業界最先端にいることが保証されます。 当社グループとのパートナーシップ締結に興味のある方は、今すぐsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください。
2021 PINNACLE INTERTECH TECHNOLOGY AWARD
 2021 PINNACLE INTERTECH TECHNOLOGY AWARD のクリスタルトロフィーの星が今日届きました。 

       Star_small.jpg
今年の反省と新年の抱負
 2021年はコロナウィルスのパンデミックと家族の不幸が重なり、積極的なビジネス展開はかなり限定的でした。 しかしながら、一般ユーザーをターゲットとしたウエビナーや既存のお客様に対する特別ウエビナーを開催するなどの活動を進めて来ました。 2022年は、page2022を皮切りにして、リベンジ訴求を強力に進めていきたいと考えております。 秋に開催されるIGAS2022への出展も検討しております。 弊社ではpage2022で行うデモや特別ブロシャーの用意を着々と進めており、その骨子は決まりました。 用意している特別ブロシャーは、page2022展示会場だけで配布予定であり、Webサイトからは配布を予定しておりません。 またデモはSmartDFEのデモを予定しており、スマートファクトリーで使用できる未来DFE像の弊社提案を行うもので、page2022の弊社ブースにご訪問いただく価値は大きいものと思います。

 招待状は、以前お会いした方々を中心に約1000部発送させていただく予定ですが、近年部門の統合などにより会社名や事業所名が変わり送り先が明らかに変わったと思われる方々への配送は控えさせていただくことにしました。 弊社製品に興味があり、page2022の弊社ブースをご訪問されたい方は、sales@globalgraphics.co.jpにご連絡いただけましたら、無料招待券を含む招待状をお送りさせていただきます。
copyright © 2022 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.