萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
商業印刷で避けて通れない自動化
 商業印刷で利益を上げるには、価格を上げる、大量に販売する、コストを下げる等の方法があります。 価格を上げるには、機能性印刷や高品質印刷などの利益率の高い商品にシフトする。 大量に販売するには、価格を下げる、Web to Printで集客力を高めるなどが考えられます。 そしてコストを下げるには取り扱い量を増やし消耗品の価格を安く仕入れる、Web to Printシステムで自動受注を実現し自動認証システムなどにより人件費を抑える等の方法が考えられます。 page2022では、貴社もしくは貴社のお客様の利益を更に向上させるために、今や避けて通れないスマートファクトリー化を実現するための当社の提案をご紹介させていただきます。

 1つ目は、オンプレミシスやクラウド上でWeb to Printの自動認証システムを含め自動受注を実現するHybrid Software(ベルギー)のCLOUDFLOWの提案。さらに、入稿からインクジェットヘッドのドライブに至る超高速のインクジェット印刷機用のコンプリートソリューションであるGlobal Graphics Software(英国」のFundamentals/DIRECT(PINNACLE INTERTECH TECHNOLOGY AWARDを受賞)/SmartDFEの提案とデモを行わせていただきます。 

 グローバルグラフィックスは、印刷業界で世界を先導する技術を有するリーダー企業の技術を日本の印刷関連企業様に紹介し、パートナーシップを締結し、ブレークスルーテクニカルサービスでお客様の要望機能を実現し、お客様のIP技術を統合し、テクニカルサポートを日本ローカルで日本人スタッフが提供し、日本のお客様と共に反映していく企業です。 当社グループ(Global Graphics Software (英)、Meteor Inkjet(英)、Hybrid Software(白)、Xitron(米)、ColorLogic(独))のパートナーになると常に業界最先端にいることが保証されます。 当社グループとのパートナーシップ締結に興味のある方は、今すぐsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください。
2021 PINNACLE INTERTECH TECHNOLOGY AWARD
 2021 PINNACLE INTERTECH TECHNOLOGY AWARD のクリスタルトロフィーの星が今日届きました。 

       Star_small.jpg
今年の反省と新年の抱負
 2021年はコロナウィルスのパンデミックと家族の不幸が重なり、積極的なビジネス展開はかなり限定的でした。 しかしながら、一般ユーザーをターゲットとしたウエビナーや既存のお客様に対する特別ウエビナーを開催するなどの活動を進めて来ました。 2022年は、page2022を皮切りにして、リベンジ訴求を強力に進めていきたいと考えております。 秋に開催されるIGAS2022への出展も検討しております。 弊社ではpage2022で行うデモや特別ブロシャーの用意を着々と進めており、その骨子は決まりました。 用意している特別ブロシャーは、page2022展示会場だけで配布予定であり、Webサイトからは配布を予定しておりません。 またデモはSmartDFEのデモを予定しており、スマートファクトリーで使用できる未来DFE像の弊社提案を行うもので、page2022の弊社ブースにご訪問いただく価値は大きいものと思います。

 招待状は、以前お会いした方々を中心に約1000部発送させていただく予定ですが、近年部門の統合などにより会社名や事業所名が変わり送り先が明らかに変わったと思われる方々への配送は控えさせていただくことにしました。 弊社製品に興味があり、page2022の弊社ブースをご訪問されたい方は、sales@globalgraphics.co.jpにご連絡いただけましたら、無料招待券を含む招待状をお送りさせていただきます。
少しブログに力を入れます。
 しばらくブログを休んでいたら、社長ブログのランキングが63位まで落ちた。 page2022展示会の準備も一段落したので、少しブログに時間を使おうかと思っている今日この頃です。 Facebookも知らないうちに友達の数が1681人に減っていた。 頑張って発信しないと見捨てられるのかもね。
グローバルグラフィックス、戦略的パートナーを募集
 Global Graphics Softwareは、印刷と電子ドキュメントに関わるコア・ソフトウエア技術を開発している英国企業で、Hybrid Software Group傘下の企業です。 その他グループ企業には、Meteor Inkje(t 英)、Hybrid Software(白)、Xitron(米)、ColorLogic(独)があります。 Global Graphics SoftwareはHarlequin Coreの開発元であり、そのコア技術は業界を代表する印刷機メーカーで採用されております。 グローバルグラフィックス株式会社は、Global Graphics Softwareの子会社で、グループ企業の技術を日本のお客様に紹介し、技術サポートを日本ローカルで提供しております。 我々は各社の技術を連携させ、最高レベルの競合力を持つコンプリートソリューションであるFundamentals/DIRECT/SmartDFEを開発しました。 グループ企業はそれぞれの印刷技術分野におけるエキスパートであり、業界を常に先導しております。 我々は、通常の紙やパッケージへの印刷だけでなく、壁紙、カーペット、タイル、テキスタイル、フローリング、陶器、装飾、3Dオブジェクトなどへの印刷にも取り組んでおります。 そのベースとなるのが非接触印刷ができるインクジェット技術です。 また最近富に需要が増えてきているマス・カスタマイゼーション、マス・パーソナライゼーション、バリアブルデータ印刷に効果的に対処するために、大量生産の仕組みを土台にしながらオーダーメイドの印刷が安価に行える自動化に焦点を当てた取り組みを進めており、スマートファクトリー用に最適化されたSmartDFEの開発や認証プロセスを含め顧客ワークフローの自動化に焦点を当てた開発を続けております。弊社とのパートナーシップにご興味のある方は、sales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください。
copyright © 2022 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.