ZePrAを使用する価値

今回は、ZePrAを使用する価値について少し説明しよう。

● 通常のICC色変換(PCSを通す)では以下の問題が発生します。
  ● オーバープリント設定が失われ、不正な色となる
  ● プライマリカラー/セカンダリカラーのピュアネスが保持されない
    ● ブラックコンポジションが失われ、100%Kが4カラー(CMYK) のグレーに変換される
    ● プライマリカラーのスムースブレンド/シェーディングが、スムーズでなくなる
● 解決策:高品質なDeviceLinkプロファイルを使用する
● もしDeviceLinkプロファルを持っていない場合、ZePrAのSmartLinkが必要となるDeviceLinkプロファイルをオンザフライで作成し、使用する。
● ZePrAは、全てのカラースペース間のDeviceLinkプロファイルを作成できる
● 他社ツールでは、特定のオブジェクトでのみ、もしくはCMYK->CMYKだけ(No RGB to CMYK, No RGB to Multi color)でDeviceLinkプロファイルをサポートしている。

ZePrA の紹介

 前回まで、ColorLogic社の ColorAntとCoPrAの機能の概要を説明してきましたが、これら製品のすべての機能は説明しきれておりません。 詳細を知りたい方は、sales@globalgraphics.co.jp にご連絡ください。 今回から3つめの製品であるZepRaの機能に関して説明していきます。

 ZePrA は、DeviceLinkプロファイルを使用してPDFと画像ファイル(TIFF, PSD (with layer), JPEG) を最適化するカラーサーバーです。 SmartLinkを使用してカスタム色変換プロセスをシンプルにします。 既存ワークフローにシームレスに統合できるので、直ちに使用できます。

 CMYK、RGB、グレースケール、マルチカラー、およびECG (Expanded Color Gamut) 印刷データの高品質な色変換と最適化は、必要に応じてオンザフライで生成されるDeviceLinkプロファイルと、インテリジェントなPDF処理によって実現されています。 ColorLogicの洗練されたスポットカラーレンダリングは、最先端のスペクトル色予測技術を使用しており、CxF/X-4をサポートし、高い色精度でプルーフを作成できます。

● ウィザードドリブン
● PantoneLIVE®統合
● 透明のフラットニング
● クラウド機能
● セーブインクとTAC(Total Area Coverage) 削減
● スポットカラーの統合
● Enfocus Switchの統合 (Command line I/F)
● スポットカラーレポート

ZePrA

CoPrAを使用して画像のカラー変換

今回はCoPrAを使用してソース画像(TIFF, JPEG, PSD)のカラーを変換してみよう。

1.Image Conversionをクリックします。

copra15.png

2.ソース画像ファイル名(TIFF, JPEG, PSD)を指定します。
3.ソースプロファイルを指定します。
3.ターゲットプロファイルを指定します(上記がデバイスリンクプロファイルの場合不要)
4.画像を保存するか、PSDのレイヤーに保存するかを指定します。
5.Saveをクリックします。

CoPrAを使用してセーブインクプロファイルを生成

今回はCoPrAを使用してセーブインクプロファイルを生成してみよう。
セーブインクプロファイルを使用すると、インク/トナーの使用量を削減することが可能となり、インク/トナーのコストを低減することができます。

1.SaveInkをクリックします。

copra12.png

2.編集するプリンタプロファイルを指定します。
3.定義済みの削減方法を選択し、Nextをクリックします。
4.設定をカスタマイズする場合は、Customizeをクリックします。

copra13.png

5.カスタマイズ画面では、Black Generation, TAC, 削減量等を設定できます。
6.設定後Nextをクリックします。

copra14.png

7.セーブインクプロファイル名を設定ます。
8.生成するICCプロファイルのバージョンを指定します。
9.プロファイルレポートを出力できます。
10.Saveをクリックしてセーブインクプロファイルを作成します。

CoPrAを使用してデバイスリンクプロファイルを編集

今回はCoPrAを使用してデバイスリンクプロファイルを編集してみよう。

1.Editingをクリックします。

copra7.png

2.編集するDeviceLinkプロファイルを指定します。
3.画像編集アプリ(ex. Photoshop)を指定します。
4.Editをクリックします。

copra8.png

5.画像編集アプリ(ex. Photoshop)が開きます。
6.この例ではPhotoshopの機能を使用して画像を編集します。
7.ちなみに分かりやすいように赤みをかなり強くして、画像を保存します。
8.CoPrAに編集された画像(赤みが強調された画像)が表示されます
9.Nextをクリックします。

copra9.png

10. 編集されたプロファイルの名前を指定し、ICCプロファイルのバージョンを選択し、プロファイルのサイズを指定します。
11.プロファイルレポートを作成するかどうかを指定します。
12.Saveをクリックします。

copra11.png