萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
Global Graphics Software、Hybrid Software はvirtual.drupaに参加します。
 Global Graphics SoftwareとHybrid Software来る4月20日~23日まで開催予定のvirtual.drupaに参加します。virtual.drupaは、世界の印刷およびパッケージコミュニティの革新と将来の技術に焦点を当て、約30か国からの著名な出展者による主要な業界イベントとしての地位を確立しています。

 カンファレンスエリアでは、国際的な著名な講演者によるトップクラスの英語におけるプログラムを体験でき、現在のビジネストレンドとベストプラクティスに関する貴重な洞察を得ることができます。

 2つの継続的なライブストリームで、知識を共有し、国際的な基調講演者、ブランドオーナー、バーチカルマーケットの専門家と交流することができます。 drupa特別フォーラムの講演者は、重要な推進力を提供し、新しいビジネスの可能性についての洞察を提供します。 技術的に関連したコンテンツに加えて、すべてのプレゼンテーションは、人工知能 (Artifical Intelligence)、循環型経済 (Connected Consumer)、コネクテッド・コンシューマー (Connected Consumer)、プラットフォーム・エコノミー (Platform Economy) などのグローバルトレンドトピックにも焦点を当てます。 来場者の参加は無料です。

 ライブウエブセッションに参加するにはここをクリックしてください。
Job Cost Estimator (印刷ジョブの費用を予測するソフト)
 Global Graphics SoftwareのJob Cost Estimatorについて紹介させていただきます。 Job Cost Estimatorは、Global Graphics Softwareの超高速のワンパスインクジェット印刷機用に開発されたFundamentalsと呼ばれるRIPシステムと、その中で使用されているインクジェットに最適化されたAdvanced Inkjet Screensと呼ばれるスクリーニングを用いた印刷機における印刷コストを高精度に見積もるためのスタンドアローンのアプリケーションソフトです。 最近のインクジェットヘッドでは、たとえば小径、中経、大径などの異なるドロップレットサイズを使用して高品質な画像を形成しております。 Job Cost Estimatorでは、異なるドロップレットサイズ毎に吐出されるインク量を設定することにより、また更に印刷用のRIPとまったく同じ設定(例えば、解像度、ピクセル深度、カラー数)を用いて高精度に消費されるであろうインク量を見積もるアプリケーションソフトです。 さらに、印刷媒体のコストを設定でき、その印刷ジョブを印刷するのに必要となる総コストを高精度に見積ます。 複数のRIPが分散処理しますので、高速にジョブコストを見積もります。 さらにFundamentals用の設定ファイルがそのまま使えるので、CMYKだけでなくホワイトは勿論の事、グリーン、バイオレット、オレンジ、特色などのインクを使用した印刷でも正確に使用されるインク毎にインク量を見積ます。 詳細はグローバルグラフィックス株式会社 (sales@globalgraphics.co.jp)にお問い合わせください。
PACKZの最新ムービーが公開される
 Global Graphics 傘下企業であるHybrid Softwreが、PACKZを使用したデジタル段ボールプリプレス用の優れた新作映画をYouTubeで公開(https://youtu.be/3G1aAV0_n9k)しました。 長さは約12分で、最新のPACKZ機能とダンボールプリプレスの最も効率の良い方法の両方をカバーしているので、一見の価値があります。 PACKZは、WindowsまたはMacで利用でき、月額サブスクリプションと恒久ライセンスでご利用いただけます。 詳細はグローバルグラフィックス株式会社にお問い合わせ (sales@globalgraphics.co.jp) ください。
Hybrid Software 新作ムービーを公開
 Global Graphics PLCの子会社であるHybrid Softwareが、デジタル段ボールプリプレス用の優れたPACKZ用の新作ムービーを公開しました。 長さは約12分で、最新のPACKZ機能とコルゲートプリプレスのベストプラクティス(もっとも効率の良い手法)を網羅しているので、一見の価値があります。

https://youtu.be/3G1aAV0_n9k

デジタル印刷ビジネスBookに記事が掲載されています。
 2月26日発行の月刊プリテックステージ2月号増刊、デジタル印刷ビジネスBook 2021冬号のインクジェット印刷機の現在地特集に「超高速処理・品質補正のインクジェットスクリーン」というグローバルグラフィックスの記事(p28-29)が掲載されています。 今回はスタンドアロンのインクジェット用のスクリーニングエンジンであるScreenProとそのオプションのPrintFlatを紹介しています。 
copyright © 2021 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.