萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
XPS の印刷品質

XPS は、XML Paper Specification の略で、Microsoft が Windows Vista と共に開発した、Windows 内部の印刷サブシステムで使われるスプールファイル形式であり、電子ドキュメントの形式であり、また印刷ディバイス(プリンタや複合機)に送られるページ記述言語(PDL)でもある。この XPS 形式は、Vista より前の Windows で用いられている GDI(20年以上前に設計された)形式に比べ、スムーズ シェーディング、透過 (Transparency)、広い色域、タイポグラフィ等の改善が行われている。XPS 形式をネイティブに(他の PDL 形式に一度変換せずに)処理することにより、このリッチなグラフィックスの恩恵を最大化することができる。



Windows Vista の新しいグラフィックス アーキテクチャは、Windows Presentation Foundataion (WPF) と呼ばれる API の中にカプセル化されている。WPF アプリケーションは、XAML(ザムル)と呼ばれる言語を使用し、各アイテムのスクリーン表示をオペレーティング システムに指令している。Microsoft は、.NET 3.0 と呼ばれる開発ツールを含むフレームワークを提供し、XAML コードを生成している。XPS は、ページ付けされた固定形式の XAML のサブセットであり、XML ファイル形式で保存されており、ZIP 形式でラッピングされている。(尚、ZIP 内部の各コンポーネントの構成は、Open Packaging Conventions (OPC) により定義されている。)したがって、WPF 対応アプリケーションからの XPS ネイティブ印刷では、必然的に画面表示と印刷結果との忠実性を高くできる。



一方、XPS 未対応のプリンタ を使用する場合は、XPS-to-GDI Conversion Path (XGC) を用い、XPS 形式を GDI 形式に変換し、従来の GDI プリント ドライバを用い、印刷デバイスで解釈できる PDL 形式に変換して印刷できる。しかしながら、このプリントパスを使用した場合、XGC 変換パスを通過した時点で、XPS の多くのエンハンスメントが欠落し、更に GDI プリント ドライバ内部で EMF Spool ファイル形式からレガシー PDL 形式 (PCL/PostScript) に変換したときに、更に忠実性が失われる可能性が高い。



この様に WPF アプリケーションからの印刷では、変換を通すことにより、オリジナルドキュメントの品質の劣化が発生する可能性が高く、XPS 形式をネイティブに、印刷デバイス内で用いられる最終ラスターイメージ形式に直接変換することが好ましい。



備考:.NET 3.0 framework を Windows XP や Windows 2003 にインストールすることにより、これらの OS 上でも WPF アプリケーションが動作し、XPSDrv プリンタ ドライバを Vista と同様に使用できる。

XPS (XML Paper Specification) の仕様が標準化へ向けて始動

Global Graphics の最高技術責任者 (CTO) である Martin Bailey は、標準化団体 Ecma International により、Windows Vista と共に Microsoft により導入された、新しい印刷とドキュメントの形式である XML Paper Specification (XPS) の、公式な業界標準を策定する新しい技術委員会の議長に選任された。



6 月28 日に開催された Ecma International の総会で、技術委員会46 (TC46) が設立された。Ecma によると、TC46 は、広範なアプリケーション、デバイス、ツール、プラットフォームに互換性のあるページ付けされた文書ワークフローを実装するため、安全で信頼性の高い標準形式を策定することを目的としているとの事。 XPS 仕様が標準化されると、Windows Vista の印刷スプール形式、印刷機器で解釈されるページ記述言語 (PDL)、そして電子ドキュメントにおける業界標準が確立することになり、電子ドキュメントから、SOHO プリンタ、企業内プリンタや MFP、そしてプロダクション用のデジタル印刷機からプリプレス機器にいたる機器を、たった一つの形式で統合できるようになる。仕様が標準化され複数ベンダー間での、動作が保障されることが XPS 普及の鍵であったが、その第一歩が踏み出された事になる。



Ecma International によると、Autodesk, Inc.、Brother Industries, Ltd.、Canon Inc.、FUJIFILM Corporation、Global Graphics Software Limited、Hewlett-Packard Company、Konica Minolta Holdings, Inc.、Lexmark International, Inc.、Microsoft Corporation、Quality Logic Inc.、Ricoh Company, Ltd.、Samsung Electronics Co., Ltd.、Software Imaging、Toshiba Corporation、Xerox Corporation、Zoran Corporation, が TC46 を協同で運営する企業だとの事で、多くの業界を代表する企業に支持される事により、XPS の将来が見えて来る。



グローバルグラフィックス株式会社の PR ドキュメントは以下から入手できます。



http://www.globalgraphics.co.jp/company/news/report/20070704.html



Ecma International のPRドキュメントは、以下から入手できます。



http://home.businesswire.com/portal/site/home/index.jsp?epi-content=NEWS_VIEW_POPUP_TYPE&newsId=20070703005526&ndmHsc=v2*A1183460400000*B1183503691000*DgroupByDate*J1*N1000003&newsLang=en&beanID=2133606841&viewID=news_view_popup



copyright © 2018 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.