萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
Global Graphics, page2018でPDF 2.0対応の次世代電子ドキュメント技術Makoを紹介
 Global Graphicsは、来るpage2018展で進化したマルチプラットフォーム対応の電子ドキュメント表示、変換、操作機能を提供するPDF 2.0対応の電子ドキュメント技術Mako (メイコーと呼ぶ)を紹介します。 Makoは先代のgDoc技術からリニューアルされたものであり、外部仕様的には先代のgDoc技術に似ていますが、コア内部のアーキテクチャは一新されました。 先代のgDocは、異なる2つの弊社RIP技術を利用したものであり、異なるコア間のプロセス間通信が必要でした。 一方Makoでは単一のコアをベースにアーキテクチャを一新し、小さなフットプリントを実現し、プロセス間通信を排除し、高速化が実現されました。 プロセス間コミュニケーションを必要としていただことは、特にAndroid OS上では大きな制約でありました。 新しいMakoでは、Android OS上でもPDFを直接開き編集することが可能になりました。 

 page2018展では、 IoTデバイス上でPDFドキュメントを開き、キーボードから入力されるテキストをマージし、プリンタが解釈できるPCL形式に変換し、外部にあるPCLプリンタにドライバレスで印刷するデモを行わせてただく予定です。
Global Graphics、page2018でPDF2.0対応Harlequin 12をプレビューします。
 2017年に国際標準化機構(International Standards Organization)は、2008年以降初めてとなる新PDF規格を発表しました。新しいISO PDF 2.0標準であるISO 32000-2は、多くの国々の専門家が関わったISO作業グループ内で開発された最初のPDF仕様であり、Adobe社によるISOへのスチュワードシップ以降最初の標準です。
 印刷機製造メーカーにとって、PDF 2.0を採用する最も安全なアプローチは、PDFを受けるすべてのアプリケーション(DFE等)をPDF 2.0がサポートできるようにアップグレードすることです。DFEが最初に着手すべき製品です。なぜならもし貴社の顧客がPDF2.0の新機能を含むPDFを入稿した場合、古いPDFリーダーでは通常新機能は警告なく無視されてしまうので、顧客が期待しない印刷物が納品されてしまうリスクがあるからです。Harlequin Host Renderer 12は、プロダクション印刷に関連したこの新規格のすべての機能をサポートしています。

 Global Graphicsの最高技術責任者(Chief Technology Officer)は、国際標準化機構(International Standards Organization)の新しいPDF 2.0標準化に取り組む委員会の英国プライマリエキスパートです。PDF 2.0が印刷に与える影響の詳細については、以下URLよりホワイトペーパーをダウンロードし、社内や顧客と共有してください。

https://www.globalgraphics.com/impact-of-pdf-2-0-on-print-production

概要は、page2018で配布する新しいブロシャーに概説されます。
2018年元旦
 大寒の候、貴社益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、誠にありがたく御礼申し上げます。弊社は2018年2月20日をもちまして創立15周年を迎えます。これもひとえに皆様方のご愛顧のおかげと心より深く感謝いたしております。
 さて、本年も2月7日(水)〜9日(金)まで東京東池袋のサンシャインシティコンベンションセンターで開催されるpage2018に出展(ブース:D-37) させていただく運びとなりました。今回のpage2018では、まもなくリリース予定のHarlequin 12と、昨年発表させていただきました新しい電子ドキュメント技術 Mako、PackZの最新版、そしてさらに進化したスクリーニング技術ScreenProを中心にご紹介させていただく予定です。Harlequin 12とMakoは、昨年国際標準化機構(ISO)で策定された新しいPDFの標準PDF 2.0(ISO32000-2)に対応しております。弊社ブースにてお会いできることを期待し、お待ち申し上げております。
copyright © 2018 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.