インクジェットヘッドのノズル不良の自己検知

 今回は、産業用インクジェット用のインクジェットヘッドコントローラーボードのメジャーなサプライヤーであり、また弊社グループ企業でもある英国Meteor Inkjet社が昨年の11月29日にプレスリリースした「インクジェットノズル状態検出(Inkjet nozzle status detection)」に関する米国特許 (米国特許第 11,504,966 号)について簡単に説明します。この特許はピエゾ励起後のノズルからの電気フィードバックのリアルタイムモニタリングを使用して、詰まりしているノズル、または目詰まりしそうなノズルを検出するもです。

 インクジェットヘッドの吐出に関連した問題に対処する従来の方法の多くは、ノズル障害を検出できるパターンを実際に印刷し、その結果を目視もしくはスキャンニングして不良ヘッドとノズルを特定するもでした。 しかしながら、高速で動作するシングルパスインクジェット印刷機の場合、もしくはノズルの故障が致命的な結果をもたらすアプリケーションでは、既存のインラインイメージングソリューションは複雑すぎ、通常大きなコストがかかります。さらに予知保全ができません。この特許は、不良ノズルの特定に際して、スキャナーやカメラが不要となるため、現状避けて通れないインクジェットノズル不良対策に対し、オンザフライで検出し自動的に対処できる可能性を秘めております。 ただし、すべてのインクジェットヘッドノズルの動作状況をテストするためには、全ノズルの励起が必要となるので、テストパターンの吐出が定期的に必要になるかもしれません。 尚、特定された目詰まりノズル、もしくは調子の良くないノズルは、完全にオフにして、Meteor InkjetのNozzleFix機能を用いて、近接するノズルで補完することができます。

イギリスに出張していました

 久しぶりにイギリスの Global Graphics Software 本社と Meteor Inkjet 社を訪問してきました。 コロナウィルスの蔓延期間は一切出張していなかったので、ほぼ3年ぶりの訪問でした。 飛行機は満席で、コロナの終息感があり、日本にも以前の日常が戻ってきたって感じです。 以下は、Global Graphics Software のオフィスの写真です。 日本より5°ぐらい気温が低く、少し寒々とした写真となってしまいました。 Global Graphics Software のオフィスはケンブリッジ郊外のとても閑静な Cambourne Business Park 内にあります。 しばらくブログのアップデートをさぼっていましたが、また再開します。
 
GGS_20230316.jpg