Global Graphics、page2024 でのデモ内容 (ステージ4)

 page2024展では、ワインラベルの作成を例に、3Dシミュレーションを使用したデザインプロセスと承認プロセスの改善、入稿されたPDFジョブのカラーマネジメント、分析と修正、バリアブルデータジョブの作成、殖版・面付、そしてバリアブルデータジョブの高速RIP処理に至る工程を4つのステージに分けて、それぞれのステージにおけるグループ技術を分かり易く説明します。 今日は、最後の4つ目ののステージであるステージ4を照会します。

 ステージ4: 「ステージ3」で生成されたバリアブルデータPDFジョブを、高速ワンパスのインクジェットプリンタでオンザフライでRIP処理しながら印刷できるGlobal Graphics SoftwareのSmartDFEを紹介します。 SmartDFEにはいくつかのバリエーションがあり、印刷する印刷物、印刷機の仕様、そして印刷機の速度などにより、さまざまな形態で提供されます。

SmartDFE_4_1.jpg

 ポーション(シリアル番号、顧客名・住所などページの一部のみが異なる)バリアブルデータジョブでは、以下の様にHarlequin RIPのVariDataとMeteor InkjetのMixed Modeを併用すれば、ハードウエアコストを低減しながら、高速かつ効率的にラスタデータが生成できます。

SmartDFE_4_2.jpg

Global Graphics、page2024 でのデモ内容 (ステージ3)

 page2024展では、ワインラベルの作成を例に、3Dシミュレーションを使用したデザインプロセスと承認プロセスの改善、入稿されたPDFジョブのカラーマネジメント、分析と修正、バリアブルデータジョブの作成、殖版・面付、そしてバリアブルデータジョブの高速RIP処理に至る工程を4つのステージに分けて、それぞれのステージにおけるグループ技術を分かり易く説明します。 今日は、その3つ目ののステージであるステージ3を照会します。

 ステージ3:「ステージ1」で承認を得た入稿PDFデータ、または「ステージ2」を通してカラーマネジメントが適用されたPDFデータが印刷に適しているかどうかは、シスターカンパニーであるHybrid SoftwareのSTEPZのアセットや分析と修正機能を使用して検証できます。 もし問題が発見されれば、STEPZで修正を行うか、あるいは理由を示してリジェクトされます。

アセット_セパレーション_150dpi

分析と修正_150dpi

 印刷ジョブがバリアブルデータ印刷でない場合、STEPZの殖版機能を用いてPrint Ready PDFを作成します。 一方、印刷ジョブがバリアブルデータジョブの場合は、STEPZを使用してバリアブルデータジョブ用のPDFを生成した後、面付処理を行います。 STEPZでは様々なバリアブルデータジョブの生成方法に対応しており、例えばカウンター機能を使用して単にインクリメントする番号を使用するシンプルなものから、CSVファイルを使用して外部参照オブジェクトに置き換えるより複雑なバリアブルデータジョブの生成までできます。

STEPS_Screen_shot_150dpi.jpg

 デモでは、カウンター機能を用いたシンプルなバリアブルデータ作成例が実演され、STEPZでどのように柔軟かつ効果的にバリアブルデータジョブが生成できるかが説明されます。 これにより、印刷ジョブの品質を低下させることなく、高度なバリアブルデータの取り扱いがスムーズに行えることが視覚的に理解されるでしょう。

Global Graphics、page2024 でのデモ内容 (ステージ2)

 page2024展では、ワインラベルの作成を例に、3Dシミュレーションを使用したデザインプロセスと承認プロセスの改善、入稿されたPDFジョブのカラーマネジメント、分析と修正、バリアブルデータジョブの作成、殖版・面付、そしてバリアブルデータジョブの高速RIP処理に至る工程を4つのステージに分けて、それぞれのステージにおけるグループ技術を分かり易く説明します。 今日は、その2つ目ののステージであるステージ2を照会します。

 ステージ2:「ステージ1」を経て承認を得たデザインは、PDF形式で印刷会社に入稿されます。直後にColorLogic GmbHのZePrAカラーサーバーを使用するかどうかを決めます。 入稿されたPDF内のオブジェクト全てが印刷会社から指定されたカラースペースのCMYKオブジェクトに既に変換されているような場合で、特に高度なカラーマネジメントを必要としない場合は、単にRIP内のColorProカラーマネジメントを利用することも可能です。

 しかしながらAdobeRGBやsRGBなどのカラースーペースのRGBジョブで入稿し、ECGインクに対応した広いガモットのプリンタを使用する、PDF内の透明の分割・統合処理をしたい、特色の高度な制御がしたい、使用するインク量を削減したい等で高度にカラー変換を制御したい場合には、ZePrAの使用を推奨します。 また測色に使用するチャートの作成や測色データの最適化にColorAnt、高品質なプリンタ、デバイスリンク、セーブインクプロファイルの作成にCoPrAも利用できます。 生成されたICCプロファイルはHarlequin RIP内部のColorProでも利用できます。

 ZePrAは、PCS(プロファイル接続スペース)を通した変換とデバイスリンクプロファイルを使用した直接変換の両方に対応していますが、ColorLogicではデバイスリンクプロファイルの使用を推奨しています。 デバイスリンクプロファイルを使用することにより、PCSを通すことから生じるいくつかの問題を回避または軽減することができます。 例えば、ブラックコンポジションが失われ、100%のK(黒)がCMYKを使用したグレーに変換されてしまうという問題が良く知られています。 デバイスリンクプロファイルを使用することで、これらの問題を効果的に解決できます。

 ZePrAのSmartLink機能を使用すれば、必要となるデバイスリンクプロファイルを自動的に生成して利用することができます。 SmartLink機能は、プロファイルの生成や管理を効率化し、ユーザーが特に手動でプロファイルを作成する手間を軽減します。 これにより、正確で一貫性あるカラーマネジメントを迅速かつ簡単に実現することができます。

スクリーンショット ドキュメント_変換先_150dpi

スクリーンショット 画像_ベクター_150dpi

スクリーンショット 特色_150dpi

スクリーンショット オプション_150dpi

Global Graphics、page2024 でのデモ内容 (ステージ1)

 page2024展では、ワインラベルの作成を例に、3Dシミュレーションを使用したデザインプロセスと承認プロセスの改善、入稿されたPDFジョブのカラーマネジメント、分析と修正、バリアブルデータジョブの作成、殖版・面付、そしてバリアブルデータジョブの高速RIP処理に至る工程を4つのステージに分けて、それぞれのステージにおけるグループ技術を分かり易く説明します。 今日は、その最初のステージであるステージ1を照会します。

 ステージ1:  シスターカンパニーであるHybrid SoftwareのiC3Dを用いて完成した製品イメージはコンピューター上で迫力ある3Dシミュレーションとして表示できます。 このソフトウェアは、ラベルやパッケージのデザインに特化した先進的なツールであり、デザイナーは製品を現実に近い形で仮想的に視覚化することができます。

 iC3Dは、デザインの品質向上と制作プロセスの迅速化を支援するために設計されています。 デザイナーはこのソフトウェアを使用し、製品の外観やパッケージをリアルな3Dデザインとして表示し、様々な角度から詳細に検討することができます。 これにより、デザイナーは製品のデザインに対してリアルタイムで評価のフィードバックを得ることができるので、効率的な修正や改善が可能となります。

 page2024展では、iC3Dを使用してデザインされた製品イメージが、コンピューター上で臨場感ある3Dシミュレーションとしてデモンストレーションされます。 これにより、訪れる方々はHybrid Softwareの技術力とiC3Dの優れた機能に触れ、製品デザインプロセスがいかに効率的かつ創造的かを実感することができるでしょう。

 3Dモデルのデザインは非常に簡単で、ボトル、カートン、軟包装などの標準的なデザインであれば、用意されているテンプレートを利用して簡単に3Dモデルを作成することができます。 また、特殊な3Dモデルは、用意されている複数のデザインツールを使用して簡単に作成できます。 このため、デザイナーは製品特有の形状やデザインに応じて柔軟に3Dモデルを構築することができます。

 作成された3Dモデルに、2Dのアートワークを貼り付けることができ、ワーピングなどの歪補正も行えます。 デモでは、GoldやGold Emboss特色などを使用したワインラベルのデザインシミュレーションが行われ、製品に近いリアルな3Dデザインをご覧いただけます。 以下はiC3Dでワインボトルをデザインしている例です。 ラベル上部の金色の帯は、Gold特色のシミュレーションをしており、ラベル下部のGlobal Graphics K.K.部分はGold Emboss特色のシミュレーションを行っています。

iC3D_Wine_design_150dpi.jpg

 3Dオブジェクトの材質は細かな設定が可能であり、さらに複数光源の柔軟な設定が可能です。 さらに、OpenGLシャドウマップやレイトレーシングを用いて、背景画像に3Dモデルを自然に溶け込ませることができます。 高解像度の画像生成やアニメーションムービーの制作も、このソフトウェアを使用して手軽に行えます。 以下は、作成した動画の例です。 レイトレーシングにより、ガラスやゴールド部分に設定した周囲の画像を反射させています。




 また、Opsisと呼ばれる3D Web Viewerサービスが提供されており、iC3Dで作成した3Dデザインをクラウド上にアップロードし、デザインを関係者間で共有することができます。 これにより、ブランドオーナーの承認をリモートでスムーズに得ることが可能となります。 以下はWeb表示のスクリーンショットです。 Webブラウザ上で、3Dデザインの回転や拡大・縮小ができます。

OPsis_150dpi.jpg


グローバルグラフィックス、page2024 出展スタイルを革新

 グローバルグラフィックス株式会社は、来年2月14日(水)~16日(金)まで東京東池袋のサンシャインシティコンベンションセンターで開催されるpage2024展に出展(ブース:D-37)いたします。

 今回は、ワインラベルの作成を例に、3Dシミュレーションを使用したデザインプロセスと承認プロセスの改善、入稿されたPDFジョブのカラーマネジメント、分析と修正、バリアブルデータジョブの作成、殖版・面付、そしてバリアブルデータジョブの高速RIP処理に至る工程を4つのステージに分けて、それぞれのステージにおけるグループ技術を分かり易くご説明いたします。 ご来場を心よりお待ちしております。

page2024招待状_sRGB_150dpi

雑誌コンバーテックに記事が連載されます

 この度、雑誌コンバーテックさんに何回かに渡り記事を書かせていただくことになりました。 DTPの主役は、その基礎が確率された1985から1990年代初頭のPostScriptから始まり、そして現在ではPDFに変わりました。 しかしながら、PDFはPostScriptのプリミティブの多くを引き継いでおります。 その変遷の経緯や詳細を知らない方も多く、PDFがイメージ形式であると誤解されている方もおられます。 それらの基礎や経過を知る人は、すでに50代の半ばを過ぎており、そういった人材が職場からいなくなるのも時間の問題です。 一方デジタル印刷は、紙への印刷だけでなく、ラベルやパッケージ、そして今、タイル、セラミック、家具、テキスタイルなどへの直接印刷が行えるように進化してきております。 また、パーソナライズされた製品を製造する上でもデジタル印刷技術は重要です。 デジタル印刷とりわけ非接触印刷ができるインクジェット技術は、スマートファクトリー内で一つの製造コンポーネントとして捉えることも増えてきており、印刷の基礎技術を継承していくことが、日本の製造業としてとても重要であると考えておりました。 今回は、コンバーテックの編集の方から、基本的な事を知らない方向けに印刷の基礎的な内容を解説する記事を書いて欲しいとの依頼を受け、お受けすることになりました。

 第一弾としてコンバーテック12月号(12月12日発汗)では「デジタル印刷に求められるRIPと使用PDFの特徴」という題で、記事を書かせていただきました。 内容は、印刷に関わる大変基礎的な内容であり、題材として当社の製品を参照することもありますが、基本的には印刷技術の基礎的な解説書です。 印刷機の開発に携われている50代半ば以降の方には、釈迦に説法的な内容になっており、ちょっとお恥ずかしい限りですが、DTPの印刷の基礎を知りたい方は、もし機会と時間があれば御一読いただくのも良いかもしれません。