page2024いよいよ開幕

 いよいよ昨日よりpage2024展が開幕しました。 昨日は想像以上に多くの真剣な訪問者がいらっしゃり、一人一人の説明に多くの時間を要することもございました。 昨日は、午前中よりも午後の方が空きがございました。

page2024-2_small.jpg


 

page2024展示会でお待ちしております

 いよいよ今週の火曜日(2月14日)から金曜日(2月16日)まで東京東池袋のサンシャインコンベンションセンターでpage2024展が開催されます。今回は、ぶつ切りの製品単体での製品説明ではなく、グループ企業の一連の業界を先導する技術を、ラベルやパッケージのデザインから、承認プロセスの改善、分析・修正(プリフライト)、バリアブルデータージョブの作成、殖版・面付、カラーマネージメント、そして高速ワンパスのインクジェットプリンタでフルバリアブルジョブをオンザフライでRIP処理しながら高品質に印刷する仕組みを一連の流れの中で訴求します。 この訴求方法を取るに際し、約半年間に渡り準備をしてきました。 その過程でいくつかの課題が明らかになりました。 それらはぶつ切りの製品説明ではなかなか表面化しずらいものでした。 page2024では私の経験を通して得られた知見をベースに一つの完全なソリューションとして訴求させていただきます。 手前味噌になるかもしれませんが、是非一度ご覧いただく価値があると思います。 また最新資料の配布も行なわせていただきます。 私は3日間に渡り当社グローバルグラフィックスブース(文化会館2FのD-37)におりますので、もし印刷に関して何か困っていることがありましたら何なりとご相談ください。また情報交換もウエルカムです。 既存の印刷業界における常識を打破し、商業印刷における付加価値を高め、収益性を高めたいと考えております。 弊社ブースでお待ちしております。

プリテックステージに記事掲載

 月刊プリテックステージの2024年2月号に「ワインラベルの作成を4つのステージで 3Dシミュレーションからバリアブル高速処理まで」と少し長ったらしいタイトルの弊社記事が掲載されています。 ここでは2月14日から16日まで、サンシャインシティコンベンションセンターで開催される予定のpage2024展のグローバルグラフィックス株式会社のブース(D-37)で実演するデモの概要を説明しております。 是非、皆様方と弊社ブースで情報交換できることを楽しみにしております。