萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
Harlequin RIPの欧文フォントエミュレーション

Harlequin RIPの欧文フォントエミュレーションは入稿された印刷ジョブ内にフォントグリフデータが埋め込まれていない場合に、RIP内部で似通った代替フォントを作成する機能だ。 製作者側に再入稿を依頼している時間的余裕のない、タイムクリティカルな印刷ジョブの問題解決策として開発されたものである。 



Harleuqin RIPユーザは、欧文フォントエミュレーションを使用することにより、オリジナルフォントに近いフォントを自動的にまた即座にRIP内部で作成できるので、行の長さが変わったり、文字位置がずれたり、スペースの幅が変わったりといった問題無く、直ちに印刷を行うことが出来るようになる。



従来、RIPはこのような場合、RIPに搭載している他のフォントに代替するが、そうすると行の長さが変わってしまったり、文字の重なりが発生したり、レイアウトの問題等、許容できない問題が発生することがあった。



欧文フォントエミュレーションは、2007 PIA/GATF IntertechTM Technology Awardsを受賞したテクノロジであり、いまこのテクノロジのMobile Printへの応用が期待されている。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.