萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
HARLEQUIN RIP 、デジタルフロントエンドにさらなる馬力を加える

グローバルグラフィックス、デジタルフロントエンドやデジタルプロダクション印刷機をフルエンジンスピードでドライブするための RIP  ファームで使用される Harlequin Host Renderer SDK  の新バージョン V2.0 を、 2 月 2 日より東京のサンシャインシティコンベンションセンターTOKYOで開催される PAGE2011 で発表する。



バージョン2.0 のHarlequin Host Renderer には、以下の新機能が含まれます:



● PDF 内部のライブ透明処理のマルチスレッドサポートにより、デジタル印刷ワークフローの通常の印刷ジョブで経験するボトルネックを大きく低減します。
● PDF Retained Raster として知られるGlobal Graphics のバリアブルデータ処理技術の拡張により、PDF/VT もしくは通常のPDF で保存されたバリアブルデータジョブの処理速度を高速化します。ページパーツのポストRIP スティッチと外部キャッシュがサポートされ、プレスベンダはダイレクトメール、もしくは多くのグラフィックスがページにまたがり共有されるジョブにおけるスループットを最大化できます。
● PDF 処理速度の改善

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.