萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
600 PPM の 超高速 RIP デモ

Global Graphics の Harleuqin RIP のシングルプロセッサ上における性能は、市場で高く評価されていいるが、実は同社にはマルチプロセッサのサポートに関して 15 年以上の経験があり、マルチスレッドレンダリングも長年に渡り市場で使用されている。



PAGE2009 のグローバルグラフィックス株式会社のブース(D-28)では、Quad core Intel Xeon プロセッサ + Linux x86 上で、Harlequin RIP のマルチスレッドレンダリングと、マルチ RIP 構成で 600 ppm (Quad core Intel Xeon 2.5GHz 600 DPI CMYK 8-bit、ラスタ廃棄、Global Graphics 社テストデータ使用)の RIP デモが行われる予定。



勿論、更に高速な CPU(例えば、3.5GHz の Intel Xeon)を用いれば更に高い高速化が達成される。更に、ブレードサーバー構成で、数千PPM の対応も見えてくる。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.