萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
Harlequin RIPのin-RIPの面付け機能

page2014展で多くの訪問者からHarlequin RIPのin-RIPの面付け機能に関して質問を受けましたので、ここで簡単に機能紹介をさせていただきます。 Harlequin RIPはシンプルインポジションと呼ばれるRIP内簡易面付け機能を持ってます。 Harlequin MultiRIPでは、シンプルなGUI(以下スクリーンショット参照)を通して、4-upまでの簡単な面付け機能に対応しております。 これにより、前処理として面付けアプリケーションを用意しなくても、簡単な面付けであれば、RIP内部の機能により対応可能です。 その他Harlequin Host Renderer SDKやHarlequin Embedded SDKでは、GUIは用意していないもののAPIを通して、面付けの設定が可能となっていおります。



● 4-up までの簡易面付け機能
● さまざまなスキームに対応
● ドブ幅を設定
● ページグリッドの位置を設定
● ページの並びの順番を設定
● クロップマークやレジストレーションマークを付加
● 注釈を付加



Imposition1Imposition2_2

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.