萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
XpsStat

WinHEC の XPS ドキュメントのパフォーマンスの最適化プレゼンテーションにおいて、XpsStat と呼ばれる XPS ドキュメントを解析する簡単なプログラムが紹介された。



XPS ドキュメントを指定して、XpsStat を起動すると 4つまたは5つの HTML 形式のテーブルを生成する。



1. Container Summary Table: ドキュメント内のパーツのタイプ情報



2. FixedPage / Remote Resource Dictionary Table: ドキュメント内の固定ページ/リモートリソースディレクトリに関する情報



3. Font Resouce Table: ドキュメント内フォントリソースに関する情報



4. Image Resource Table: ドキュメント内イメージリソースに関する情報



5. Container Part Table (オプション): ドキュメント内パーツに関する情報



このプログラムは、3つのコマンドラインオプションを持ちます



使用形式: XpsStat [/x] [/d] filename.xps



/x ディフォルトの HTML 形式ではなく XML 形式のレポートを生成
/a オプションの Container Part Table を生成
/d フォントを外部ファイルに取り出す



このプログラムは、.Net 3.0 XPS 関連の API と幾つかの ZIP コンテイナーの直接の構文解析を用いて書かれております。 これは、インターリーブもしくはノンインターリーブ XPS ファイルをサポートしているようだ。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.