萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
高速インクジェットプリンタ用の高品質マルチビットスクリーニングモジュールの提供を開始
Drupaを終えてワンパス高速インクジェットプリンタ用の高品質マルチビットスクリーニングに対する引き合いが急増しています。 弊社では、Harlequin RIPに内蔵されるスクリーニング技術の提供だけでなく、サードベンダーのワークフロー内に組み込めるスクリーニングモジュールも提供することになりました。  スクリーニングモジュールは、コントーンラスターを入力し、マルチビットのスクリーニング付きのラスタデーターを出力します。 弊社では既成のスクリーニングを提供するのではなく、顧客メーカー印刷機の特性に合わせ、最適化を行うプロフェッショナルサービスをBreakThroughサービスという名で提供開始しました。 BreakThroughテクニカルサービスチームは、カラーサイエンティスト、RIPエキスパート、スクリーニングのエキスパート等で構成され、当社Harlequin RIPの経験を通して得たノウハウを有償サービスとして提供します。 詳細は、グローバルグラフィックス株式会社(sales@globalgraphics.co.jp)にお問い合わせください。

スクリーニングの評価は以下の3ステップで行っていただけます。

0. 機密保持契約の締結

ご評価に際し、機密保持契約(英文)の締結が必要です。

1. 実力調査ステージ(無償)

実力調査では、弊社社員が自社ツールを用い、提供される(もしくはISOの画像評価用イメージファイル)限定(2~3種類)ファイルを用いて、スクリーン付きの画像ラスターデーターを、評価用にご提供させていただきます。実力調査は、限定的なメディア、解像度、インクセット、ピクセル深度、インクジェットヘッドの組み合わせで行わせていただきます。
 
尚、この実力調査では、2週間毎の画像評価と改善を行うサイクルを3回程度回すことを想定しており、このサイクルを通し、スクリーニングの品質を向上させ、採否のご判断をいただけるレベルにアップさせていただくことを考えております。

2. 最適化ステージ (有償)

実力調査後、弊社スクリーニング技術の採否をご判断いただきます。 採用を決定していただいた場合は、その後にデバイスやメディアに対する最適化作業を開始させていただきます。 尚、この最適化ステージは、有償のサポートとなります。 

尚、上記評価プロセスは予告なく変更される可能性がございます。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.