萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
URW++、URW Library Subscriptionを紹介
 グローバルグラフィックスは、子会社であるURW++社のフォントを同社のHarlequin RIPや電子ドキュメント技術であるMako (メイコー)で活用しており、更にURW++の欧文書体(約2千書体)をグッドファーム・プランニングの運営するフォントダウンドード販売サイト Font Factory で販売しておりまが、来るのpage2018展では、URW Library Subscription をご紹介させていただきます。 URW Library Subscriptionでは、たとえばデザイナーにURW++の巨大なフォントライブラリのアクセスと恒久的な使用権を提供します。 もしくは、URW++のOEMが提供するWebベースもしくはクラウドベースのサービスで、その顧客にURW++の所有する広大なフォントライブラリへのアクセスと使用権を許諾します。  後者は、年間ライセンス (Annual License) となります。 詳細は、page2018展のグローバルグラフィックスブース(D-37)でご質問ください。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2018 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.