萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
ラベルフォーラムジャパン2019での出展内容
 来る7月9日(火)・10日(水)に東京ドームシティ(東京都文京区後楽1-3-61)のプリズムホールで開催されるラベルフォーラムジャパン2019展示会に出展するグローバルグラフィックスの出展内容が以下の通り決まりました。

1. Harlequin RIP

5月9日に発表されたHarlequin RIP v12.1の新機能、ならびにラベルとパッケージ市場で他社製品に差別化できるRIP機能のご紹介を行います。

2. PACKZ

日進月歩の勢いでその裾野を広げる当社シスターカンパニーHybrid Software社のPACKZ(パックス)のプリフライト、トラッピング、バリアブルデータ、3Dシミュレーションなどのデモを行います。

3. CLOUDFLOW

日進月歩の勢いでその裾野を広げる当社シスターカンパニーHybrid Software社のCLOUDFLOWによる各種ワークフロー自動化のデモを行います。

4. MAKO

バリアブルデータ、殖版・面付け等のアプリケーションを開発するときに有用なGlobal GraphicsのMAKO(メイコー)電子ドキュメントSDKをご紹介します。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2019 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.