萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
マス・カスタマイゼーションでビジネスチャンス
 以前「印刷工場の究極のスマートファクトリー化」ブログでマス・カスタマイゼーションの話を少ししましたが、今回は大量生産の仕組みを土台にしたマス・パーソナライズド/カスタマイズド製品を生産する工場のスマートファクトリー化について少し話をします。ここで説明するスマートファクトリー化は、前に話した「印刷工場の究極のスマートファクトリー化」ではなく、あらゆる製品を製造する工場内で印刷を使用する製造プロセスのスマートファクトリー化の話となります。

 デジタル印刷には成長の大きな可能性があり、それはデジタル印刷であるが故に提供できる領域です。あらゆるものに印刷でき、独自にカスタマイズ/パーソナライズされた製品を提供できる領域です。 デジタルインクジェット印刷は、すべてのオブジェクトにリアルタイムで印刷する内容を変えることができます。 これはたとえば、フローリング、3D オブジェクト、タイル、衣類など製品を大量にカスタマイズする必要のある分野でビジネスチャンスとなります。

 消費者の間でマス・カスタマイゼーションは成長トレンドにありますが、印刷市場ではグリーティングカードや写真集などの従来の分野以外では、大きな影響を与えていません。 マス・カスタマイゼーションをその他大多数の製品の製造にもたらすには、印刷業界が探求を始める必要があります。

 大量生産に近い価格でマス・パーソナライズ/カスタマイズされた製品は、小売業者にとって「聖杯」となります。 この「聖杯」を手に入れると、通常の量産品を生産することもできます。 工場は、大量生産の速度で個別に印刷された製品を生産できる必要があります。 注文から検査まで、プロセス全体で完全な自動化が必要になります。 また投資収益率を最大化するために、生産は24時間年中無休で稼働する必要があります。

 この完全自動化された生産ビジョンは、インダストリー 4.0 と「スマートファクトリー」といういくつかの一般的な用語にカプセル化されています。 スマートファクトリーは、生産プロセス全体を自立的に実行するように設計されており、これには印刷サブシステムが含まれます。 印刷オペレーターは、一つを監視するだけで、スマートファクトリー全体を監視出来るようになります。 スマートファクトリーは、完全に自動化されているため、人件費はもはや主要なコストではありません。 これにより、製造がオンショアに戻せる可能性があります。これは、新しい商品の販売に大きなチャンスをもたらします。 在庫ゼロ、廃棄物ゼロ、地産地消も可能となり、環境にやさしくなります。

詳しくは、以下Webサイトのムービーをご覧ください。
https://www.globalgraphics.com/products/smartdfe
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2021 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.