萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
4Kディスプレイ上でgDoc Binderを使ってみる

最近のノートPCでは4K(Ultra HD)ディスプレイ(3,840x2,160ドット)を搭載したものがある。 そこで4Kディスプレイ搭載のパイオニアTOSHIBAのDynabook T954/89Lを購入し、gDoc Platform SDKで開発されたgDoc Binderの表示性能を評価してみた。 



Dynabook T954/89Lを購入して最初に感じたのは、やはり大きくて重いということだ。 とりあえず私のカバンには入ったが、カバンに入れて持ち歩くには少々厳しい。 サンプル映像が付属していたので、まずは鑑賞してみた。 やはり4Kの高精細表示能力には驚愕した。 まるでノートPCの液晶パネルがイタリアの観光ホテルの窓からの実風景であるような錯覚を覚える。 



次にgDoc Binderをインストールし、フルHDディスプレイ(1,920x1,080ドット)を搭載したASUS TAICHI21上のgDoc Binderを同時に起動し、Page 2014展示会で使用したディフォルトのバインダを表示してみる。 アプリケーションの立ち上げ時間はほぼ同じ。 尚、TAICHI21は128GBのSSDなのに対し、T954/89Lは1TBのHDDを採用している。 表示されたバインダの表紙を見ている限り、解像度の違いを感じることは無い。 バインダを開いてみると、開く処理時間はほぼ同じだ。 目次を開いても、解像度の違いは感じないが、T954/89Lは画面が大きい分読みやすい。 ページめくりをしてみたが、処理速度の違いはさほど感じられない。 



次に一番興味があったCADタブをクリックしてみる。 T954/89LとTAICHI21は、ほぼ同時にCAD図面を表示したものの、大判用に作られたCAD図面が細かすぎるので、さすがのT954/89LでもCAD図面をバインダの実表示で表示することは厳しい。 そこで、gDoc Binderのビューをドキュメントビューに切り替え、拡大されたCAD図面を表示してみた。 なんと表示されるまでの時間はT954/89Lの方がTAICH21より速かった。 表示をフル画面に切り替え更に横幅に合わせて表示させる。 T954/89L上では細部に渡り詳細に表示されているこが判る。 ただし私の目では15.6インチの4Kディスプレイでは、4Kの利益を十分に発揮できていないと感じた。 おそらくHDMIケーブルでより大きな外部4Kディスプレイに接続すると、その実力の高さをさらに良く確認できるだろう。 機会があれば、大型の外部4KディスプレイでCAD図面を表示してみたい。 それから、画面のスクロール、パン、ズームイン/アウトでの処理速度には違いは感じられなかった。 尚、Binder内部形式はXPSの拡張形式を採用しており、テキストやグラフィックスは拡大してもジャギーにならない。



gDoc Platform SDKで開発されたgDoc Binderは、4Kディスプレイ上で極めて高精細に表示できる。 より大型の4Kディスプレイを使用したCAD図面管理、ホワイトボード、デジタルサイネージ用アプリケーションへの応用が期待される。



4k

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.