萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
DIRECT/Fundamentals
 ここ数日間新しく傘下企業になったColorLogic(独)のカラー技術をスタディしていますがここまで深く考察されたカラーマネージメント技術を有しているとは少し驚きでした。 機会を見て、ColorLogic社の洗練されたカラーマネジメント技術も紹介していこうと思いますが、今回はGlobal GraphicsのDIRECT/Fundamentalsを紹介していこうと思います。 まずDIRECTは、Print Ready PDFの入稿からインクジェットヘッドのドライブまでをサポートしており、ワンパスの超高速のインクジェット印刷機をオンザフライでRIP処理しながら印刷させるDFEです。DIRECTは本年のPINNACLE INTERTECH Technology AWARDを受賞しました。 FundamentalsはDIRECTに、OEMの特定ワークフロー処理を加える為に、HYBRID SoftwareのCLOUDFLOWを前段に組み込んだバージョンです。
 DIRECT/Fundamentalsの最大の特徴はRIP処理部にHarlequin Scalable RIPを使用し、複数のRIPでページ分散処理を行い、さらにスクリーニング処理を複数のScreenProにより分散するので、非常に高速なデジタル印刷機をオンザフライでRIP処理できる点です。 これにより大量のバリアブルデーター印刷にオンザフライで対応できるようになり、さらにマス・カスタマイゼーションやマス・パーソナライゼーションといったページ毎に異なるもしくは小ロットの多くのオーダーに大量印刷用のインフラを利用できるようになります。
 弊社では、このDIRECT/Fundamentalsをベースにスマートファクトリー用に進化させたSmartDFEを開発しました。 SmartDFEでは、OPC UAに対応し、スマートファクトリー内の各コンポーネントの通信を可能にし、リモートで監視・制御をすることができます。 また、AI機能に対応し、各コンポーネントからの時系列のデーターをビッグデーターとして処理し、傾向を分析し、予知保全等への道を開きます。 page2022展では、このSamartDFEのOPC UAデモをグローバルグラフィックスのブースにて行わせていただく予定です。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2022 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.