Global Graphics、page2024 でのデモ内容 (ステージ1)

 page2024展では、ワインラベルの作成を例に、3Dシミュレーションを使用したデザインプロセスと承認プロセスの改善、入稿されたPDFジョブのカラーマネジメント、分析と修正、バリアブルデータジョブの作成、殖版・面付、そしてバリアブルデータジョブの高速RIP処理に至る工程を4つのステージに分けて、それぞれのステージにおけるグループ技術を分かり易く説明します。 今日は、その最初のステージであるステージ1を照会します。

 ステージ1:  シスターカンパニーであるHybrid SoftwareのiC3Dを用いて完成した製品イメージはコンピューター上で迫力ある3Dシミュレーションとして表示できます。 このソフトウェアは、ラベルやパッケージのデザインに特化した先進的なツールであり、デザイナーは製品を現実に近い形で仮想的に視覚化することができます。

 iC3Dは、デザインの品質向上と制作プロセスの迅速化を支援するために設計されています。 デザイナーはこのソフトウェアを使用し、製品の外観やパッケージをリアルな3Dデザインとして表示し、様々な角度から詳細に検討することができます。 これにより、デザイナーは製品のデザインに対してリアルタイムで評価のフィードバックを得ることができるので、効率的な修正や改善が可能となります。

 page2024展では、iC3Dを使用してデザインされた製品イメージが、コンピューター上で臨場感ある3Dシミュレーションとしてデモンストレーションされます。 これにより、訪れる方々はHybrid Softwareの技術力とiC3Dの優れた機能に触れ、製品デザインプロセスがいかに効率的かつ創造的かを実感することができるでしょう。

 3Dモデルのデザインは非常に簡単で、ボトル、カートン、軟包装などの標準的なデザインであれば、用意されているテンプレートを利用して簡単に3Dモデルを作成することができます。 また、特殊な3Dモデルは、用意されている複数のデザインツールを使用して簡単に作成できます。 このため、デザイナーは製品特有の形状やデザインに応じて柔軟に3Dモデルを構築することができます。

 作成された3Dモデルに、2Dのアートワークを貼り付けることができ、ワーピングなどの歪補正も行えます。 デモでは、GoldやGold Emboss特色などを使用したワインラベルのデザインシミュレーションが行われ、製品に近いリアルな3Dデザインをご覧いただけます。 以下はiC3Dでワインボトルをデザインしている例です。 ラベル上部の金色の帯は、Gold特色のシミュレーションをしており、ラベル下部のGlobal Graphics K.K.部分はGold Emboss特色のシミュレーションを行っています。

iC3D_Wine_design_150dpi.jpg

 3Dオブジェクトの材質は細かな設定が可能であり、さらに複数光源の柔軟な設定が可能です。 さらに、OpenGLシャドウマップやレイトレーシングを用いて、背景画像に3Dモデルを自然に溶け込ませることができます。 高解像度の画像生成やアニメーションムービーの制作も、このソフトウェアを使用して手軽に行えます。 以下は、作成した動画の例です。 レイトレーシングにより、ガラスやゴールド部分に設定した周囲の画像を反射させています。




 また、Opsisと呼ばれる3D Web Viewerサービスが提供されており、iC3Dで作成した3Dデザインをクラウド上にアップロードし、デザインを関係者間で共有することができます。 これにより、ブランドオーナーの承認をリモートでスムーズに得ることが可能となります。 以下はWeb表示のスクリーンショットです。 Webブラウザ上で、3Dデザインの回転や拡大・縮小ができます。

OPsis_150dpi.jpg


コメント

非公開コメント