Global Graphics、page2024 でのデモ内容 (ステージ4)

 page2024展では、ワインラベルの作成を例に、3Dシミュレーションを使用したデザインプロセスと承認プロセスの改善、入稿されたPDFジョブのカラーマネジメント、分析と修正、バリアブルデータジョブの作成、殖版・面付、そしてバリアブルデータジョブの高速RIP処理に至る工程を4つのステージに分けて、それぞれのステージにおけるグループ技術を分かり易く説明します。 今日は、最後の4つ目ののステージであるステージ4を照会します。

 ステージ4: 「ステージ3」で生成されたバリアブルデータPDFジョブを、高速ワンパスのインクジェットプリンタでオンザフライでRIP処理しながら印刷できるGlobal Graphics SoftwareのSmartDFEを紹介します。 SmartDFEにはいくつかのバリエーションがあり、印刷する印刷物、印刷機の仕様、そして印刷機の速度などにより、さまざまな形態で提供されます。

SmartDFE_4_1.jpg

 ポーション(シリアル番号、顧客名・住所などページの一部のみが異なる)バリアブルデータジョブでは、以下の様にHarlequin RIPのVariDataとMeteor InkjetのMixed Modeを併用すれば、ハードウエアコストを低減しながら、高速かつ効率的にラスタデータが生成できます。

SmartDFE_4_2.jpg

コメント

非公開コメント