スマートファクトリー内におけるインクジェットプリント

 たとえば、製品を大量にカスタマイズする機会である壁紙、タイル、カーペット、 衣料品は、デジタル印刷の潜在的な成長分野です。

 極度なショートランでは商業的に成り立たない従来の印刷技術と異なり、デジタルプリントを使えば、あらゆるものに印刷することができ、ユニークにカスタマイズされた、そしてパーソナライズされた製品をコスト効率よく提供することができます。3D積層造形印刷の導入により、金属やプラスチックでカスタマイズされた製品を作ることもできます。しかし、この可能性を実現するには、プリンタ(または印刷機)だけを考えるのではだめであり、より広い工場内の印刷サブシステムについて考える必要があります。デジタルインクジェットは、生産ラインの複数ポイントで利用されています。たとえば、製品装飾、包装、ラベリングなどで利用されています。

 マスカスタマイゼーションを普及させるためには、印刷業界が挑戦する必要があります。大量生産に近い価格での大量カスタマイズ製品は、小売業者にとっての聖杯です。この課題は印刷業界だけではありません。この完全に自動化された生産ビジョンは、インダストリー4.0や「スマートファクトリー」という共通の用語に集約されています。スマートファクトリーは、生産プロセス全体を自律的に実行できるように設計されています。これには印刷サブシステムも含まれます。スマートファクトリーでは、労働力が主なコスト要因ではなくなります。これにより、製造拠点が国内に戻る可能性があります(これにより、新しいデバイスの販売に大きなチャンスが生まれます)。在庫ゼロ、廃棄物ゼロ、現地生産は環境にとって素晴らしいことです。しかし、こうしたスマートファクトリーに印刷を追加するには、ソフトウェアとハードウェアスタックを再考する必要があります。DFE(デジタル・フロント・エンド)も賢くなる必要があるのです。またSmartDFEが大量に採用されるためには、今日の印刷システムやDFEより高額であってはなりません。SmartDFEの詳細についてはホワイトペーパーをダウンロードし、今すぐご検討ください。

コメント

非公開コメント