コンバーテック1月号に「デジタル印刷用のRIPと出力ラスターイメージ形式」記事

 記事では、DFE の中心技術であるRIP(Raster Image Processor)に焦点を当て、デジタルプリンタ用のRIP コアであるGlobal Graphics Software の「Harlequin Core SDK」をベースに、それから出力できるラスターイメージのピクセル深度やスクリーニングについて解説しています。 内容は基礎的なものです。

コメント

非公開コメント