萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
gDoc platform SDK、HTML5のWebアプリとして発行が可能に

グローバルグラフィックス、電子ドキュメントアプリ用開発キットの新バージョンgDoc platform SDK 3.1をリリース。 新バージョンでは、多くの機能強化が実施されているが、そのハイライトは、HTML5形式のWebアプリケーションとして発行できることだ。 



Dsc_0235
gDoc platform SDK 3.1に添付されるイグザンプルアプリケーションgDoc Binderでは、たとえばPDF形式のドキュメントを開き、HTML5のWebアプリケーション(Web Binder)として発行できる。 発行されたWeb Binderは、iPad上のSafariで開き、リアルなバインダー内のドキュメントとして閲覧できる。ページめくりもリアルだ。



しおりとページナビゲーションスライダーをサポートしており、快適なブラウジング環境を提供する。 ページ記述形式がイメージ形式ではなく、SVGベースであるため、テキストやグラフィックスを拡大してもジャギーにならない。 これば、先般開催された国際電子出版EXPOで展示されていた他社HTML5のWebアプリがイメージをベースとしていたものが多いのに対し、大きな付加価値を提供する。さらにiPad上でテキストスタイルノート、ハイライト、フリーハンドドロー注釈を付与し、デスクトップベースのBinderに戻し、グループ内でコラボレートすることも可能だ。



Dsc_0238_2



※ gDoc platform SDKについて 
gDoc platform SDKは、グローバルグラフィックスが同社のPDL専門性を活かし開発した電子ドキュメントアプリを構築するためのSDKである。さまざまなユーザエクスペリエンスを持つアプリケーションを共通プラットフォームで開発できる。SDK内部形式は、XPSの拡張形式なので、印刷しても高い品質の印刷物を提供でき、PDF等の他のPDL形式にエクスポートしても品質が劣化しない。
この一つのプラットフォームから、電子ドキュメントを閲覧できるさまざまなアプリケーションを作ることができる。例えば、ルーズリーフバインダ、ノートパッド、電子黒板、あるいMicrosoft PixelSenseなどである。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.