萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
月刊プリテックステージに記事
 月刊誌のプリテックステージの2018年2月号の(14P~15P)にグローバルグラフィックスの記事が載っています。 page2018での出展内容について少し詳しく解説しております。 page2018の当社ブース(D-37)では更にデモが見れ、担当者に詳細な質問をしていただけます。 是非弊社ブースにお立ち寄りください。
プリテックステージニュースに記事が掲載されています。
 プリテックステージニュースの1月25日発行版に、「世界に先駆け最新RIP公開」というグローバルグラフィックスの記事が掲載されています。
Global Graphics, page2018でHarlequin v12の新機能をデモ
 グローバルグラフィックスは、来るpage2018展で、Harlequin v12の新機能であるIn-RIPバーコード生成とダイナミックオーバーレイのデモを行います。 HQN v12では、外部より単にコードを入力するだけでバーコードや2次元コードをラスタライズさせる機能がサポートされております。 これにより、EAN, UPC, ISBNなどの一次元シンボル、日本、米国、英国、ドイツ、韓国、オーストラリアなどで使用されている郵便バーコード、さらにはデータマトリックス、アステカ、QRコードなどの2次元コードがコートにより生成できます。

 またバリアブルデータ印刷用のダイナミックオーバーレイがサポートされ、1つの背景ページとCSVファイル内で指定されるバリアブルオブジェクトをRIP内で合成して印刷することができます。

 以下は、ネストされた面付け背景上に、CSVで指定されるバリアブルオブジェクトをダイナミックに合成した例です。
Dinamic.jpg
 詳しくは、page2018のグローバルグラフィックスブースでお尋ねください。
Global Graphics, IoTデバイス上でMAKOのデモ
 グローバルグラフィックスは、来るpage2018でWindows 10 IoTが走るRaspberry Pi上で、以下のデモを行います。 先ず、デモの構成を以下に示します。
Mako_Demo_1.jpg

デモ: サンプルのPDFをWindows 10 IoTを搭載するRaspberry Piの画面上でサムネール表示します。 画面に表示されるQRコード(MAKOで作成)をiPadのSafariでスキャンすることにより、MAKOで変換したHTML5(SVG)ドキュメントをiPadのSafari上で閲覧できます。 さらに画面上の"刷る"ボタンをクリックすることにより、オリジナルのPDFをMAKOでPCL形式に変換し、PCL6対応プリンタで印刷させます。
Mako_Demo_2.jpg

このデモを実現するためにMAKOは、以下の処理を行いました。

1. Piのフォアグラウンドアプリ上で表示するPDFサムネール画像をMAKOで生成しました。
2. 外部iPad上のSafariでPDFドキュメントをブラウズするためにPDFをSVG形式にMAKOで変換しました。
3. SVGをiPadで表示するためにSVGのURLアドレスを含むQRコードイメージをMAKOで生成しました。
4. PDFをPCLプリンタて印刷できるように、PDFをPCL6形式にMAKOで変換しました。

 このようにマルチプラットフォーム対応のMAKOを使用することにより、IoTデバイス上でもMAKOのさまざまなドキュメント機能を活用できます。 是非、page2018のグローバルグラフィックスブース(D-37)でデモをご覧ください。
Global Graphics, テクニカルセミナーの開催を計画
 グロバルグラフィックス株式会社は、2015年にHarlequin Technical Seminar Tokyo 2015を開催しましたが、本年2回目となるプライベートテクニカルセミナーを5月前後に計画しています。 詳細は、追ってご連絡させていただきます。
copyright © 2018 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.