拡張色域印刷に最適なPDF作成のヒント

Adobe社のIllustrator 2023を用いてしてワインボトルのラベルをデザインする例を、PDFの作成方法を一例に説明します。

 まず、どのような構成でアートワークが作られているかを説明(CMYKカラーの場合)します。

Illustrator.jpg

上部帯部:Illustratorで生成 Gold特色
Hybrid Software Group PLC: アウトライン化テキスト K=100%
PINNACLE: PNG画像 リンクファイル Adobe RGB
女性の写真画像: JPEG画像 リンクファイル Adobe RGB (元はsRGBだがCoPrAでAdobe RGBに変換済み)
SmartDFE : AI リンクファイル CMYK U.S. Web Coated (SWOP) => 開く時無効となる
Global Graphics: アウトライン化テキスト Gold Emboss特色
Serial No. : アウトライン化テキスト K=100%
00000001: Gill Sans Regular Full Embedded K=100%
RGBカラーバー: TIFF画像 リンクファイル Adobe RGB
CMYKカラーバー: TIFF画像 リンクファイル CMYK (no tag)
下部帯部: Illustrator で生成 K=80% グレー
東京都...: アウトライン化テキスト 白 

 通常Illustratorで最初にドキュメントを作成する時、「ドキュメントのカラーモード」として、「CMYKカラー」もしくは「RGBカラー」を選択します。 これはIllustratorの仕様のようです。 印刷会社からは、通常「CMYKカラー」を選択するように指示されると思いますが、RGB印刷やビビッドカラー印刷では「RGBカラー」を選択するように指示されることもあるようです。 しかしながら、「RGBカラー」を選択すると、Illustrator上で作成するすべてのオブジェクトが基本的にRGB形式のオブジェクトとなり、CMYKの値が制御できないといった問題が発生します。 私の希望は、RGBやCMYKオブジェクトが一つのPDF内に混在でき、それぞれのオブジェクトにプロファイルがタグ付けされていることなのですが、Illustratorでは仕様的な制約があります。 なかなか思う通りにオブジェクトのカラースペースを制御できません。

 Illustrator上で作成されるオブジェクトは、基本的には「ドキュメントのカラーモード」で設定されたカラースペースのオブジェクトとなります。 ただし、外部リンクを使用すれば、リンクされる外部ファイルのカラースペースを保持できるようです。 この特徴を活かして、希望するPDFを制約があるもののなんとか作成できそうです。 尚、リンク画像を埋め込むとドキュメントのカラースペースに統合されてしまいますので、常にリンクを維持するように注意が必要です。

 以下は、「ドキュメントのカラーモード」で、「CMYKカラー」と「RGBカラー」モードを選択して生成したPDFをPACKZで表示したときのスクリーンショットです。

PACKZ表示例

 左上側が「CMYKカラー」を選択したときに作成されるPDFの表示例で、右下側が「RGBカラー」を選択したときに作成されるPDFの表示例です。 PACKZは、印刷用のツールなので、表示ではCMYKカラースペースに一度変換し、それを表示用の画面のプロファイルでRGBカラースペースに戻して表示しています。 結果、スクリーンショット的には両者でさほど違いは見受けられません。

 CMYKオブジェクトとしてリンクされているCMYKカラーバー画像は、CMYKオブジェクトとしてPDFに埋め込まれているので、両PDFともCMYKのピュアネスを維持できています。 しかしながら、「RGBカラー」で作成されたPDFでは、文字オブジェクトとか下方のグレーの帯部分は、K=100%やグレイ値を維持できておらずCMYが混入しております。 したがって、K=100%値やグレー値を保持したい印刷用途では「CMYKカラー」を選択したPDFを使用することがお勧めです。 RGBオブジェクトとしてPDFに埋め込まれたRGBカラーバーは、RGBオブジェクトとしてPDFに埋め込まれていますが、PACKZでは一度CMYKカラースペースに変換して印刷用のCMYK値に変換したた後、再度画面用のRGBカラースペースに戻して表示しているので、表示される色の彩度が落ちています。

 また、PACKZのアセットの画面で、リンクされている画像オブジェクトのカラースペースとカラープロファイル名を表示しております。「CMYKカラー」のPDFでも「RGBカラー」のPDFでもリンクされる画像のカラースペースとカラープロファイルに違いはありません。 期待通り、CMYKの色帯のびはCMYK画像で、それ以外の画像はAdobe RGBのRGBカラースペースで保存されていることが確認できます。

 以下は、Adobe Acrobat X Proで表示したときのスクリーンショットの比較です。

Acrobat表示例

 AcrobatのPDF表示方法はPACKZとは異なります。 「CMYKカラー」で作成されたPDFは、PACKZと同じ様に一度印刷機のCMYKカラースペースに変換し、その後表示用にRGBカラースペースに変換して表示しています。 一方、「RGBカラー」で作成されたPDFは、PACKZとは異なり、RGBオブジェクトは、CMYKカラースペースに変換せずにディスプレイのRGBカラースペースに変換して表示しています。 したがって、RGBオブジェクトの色は鮮やかに見えます。 ただし、これには印刷で再現できない色も含まれます。 Acrobat X Proの「出力プレビューモード」にすれば、PACKZと同じような表示方法となり。 両者のスクリーンショットで違いは分からなくなります。

 Illustratorの設定とPDF生成オプションの設定方法に関しては説明を割愛しますが、今回は以下の様な方針でPDFを生成しました。

1. 文字やその他AI内グラフィックオブジェクト:CMYK Japan Color 2001 Coated
2. 外部リンク画像: RGB Adobe RGB

 ターゲットの印刷機が Japan Color 2001 Coated に調整されたデバイス条件の場合、CMYK値を変換する必要がないので、Illustratorで指示したK=100%やグレー値にCMYが混ざり込む事なく印刷できます。 Adobe RGBのRGB画像は、プリンタのガモットであるJapan Color 2001 Coatedの色域内にマッピングされます。この場合は、せっかく広い色域のAdobe RGBで画像を保存していても、印刷出力の色域を拡張できません。

 もしプリンタが、4色CMYKに加えその他一次色インク(特色)(ex. ビビットカラーインク、RGBインク)をサポートしている等の理由で、Japan Color 2001 Coated の色域を超える色域をサポートしている場合、Japan Color 2001 Coated -> Printer profile (6色や7色のマルチカラープロファイル)のデバイスリンクプロファイルを使用して、K=100%やグレー値の保持を考慮しながら変換することも可能となります。 ただし変換してもCMYKで指定されたオブジェクトの色が鮮やかに変わるものではありません。
 一方、Adobe RGBのRGB画像は、Adobe RGB -> Printer profileのデバイスリンクプロファイルを使用して、カラースペース変換できます。この場合は、Japan Color 2001 Coated の色域を超える色再現が可能となります。 もちろん高品質なマルチカラープリンタプロファイルを作成する必要があります。 CoPrAを使用すれば、高品質なプリンタプロファイルとデバイスリンクプロファイルを作成できます。 また、ZePrAを使用すればPDFジョブの最適化が可能です。

その他の注意事項:

 印刷会社側のPCフォント環境との違いを配慮し、通常全てのフォントデーターをアウトライン化、もしくはフォントを埋め込みます。 ただし、バリアブルデーターとなるテキスト(0000001部分)は、サブセットフォントではなくフルのフォントを埋め込む必要があります。これはサブセットとして埋め込むと、例えば"2"のグリフデーターが含まれていない為です。 0000001部分以外のフォントは「書式」->「アウトラインを生成」でアウトライン化しています。
 
 今回の例では、Gold/Gold Embossでは特色を指定しております。3Dシュミレーションではレイトレーシングの特殊効果が出るようにしています。

 PINNACLEと女性の画像は広い色域を維持したいので、あえてAdobe RGBのままリンクしています。この場合、リンクされるRGB画像のプロファイルを保持しています。

結論:

 画像中心の印刷物では、「RGBカラー」でPDFを生成することも一つのアイディアですが、テキストでK=100%を維持することが困難で、墨だけを使用したグレー(ex. K=80%)のベクターオブジェクトにCMYが混入したり、またビジネスグラフィックス等でCMY値のピュアネスを維持することが困難であったりするかもしれません。 そこで、「CMYKカラー」を選択し、広い色域を確保したい画像は、Adobe RGB形式で外部リンクし、CMYKをコントロールしたいところはCMYKオブジェクトを使用するといったハイブリッドの運用が期待されます。

 本ドキュメントに記載の方法は、Illustrator 2023の特性に依存している部分があり、Illustratorの動作が将来変わると機能しなくなる可能性もあります。 また、本ブログに記載されている情報の利用によって生じた損失や損害に対して、いかなる保証も行わず、一切の責任を負いません。 さらに、本ブログに記載されている内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。

ラベルビジネス成功のポイント

 ラベルデザインでは通常Adobe社のIllustratorが使用されておりますが、印刷会社の入稿ファイル形式の要件では、印刷物の品質向上に限界があります。そこで入稿ファイル形式と各種設定の新たな提案から、迅速に高品質なラベルをワンパスの高速インクジェットプリンタで印刷するビジネスの成功のポイントまでを、数回に分けて提案します。

 一例として、以下の画像の様なワインラベルの作成例を取り上げます。 尚、この画像はiC3Dで作成した架空のラベル3Dデザインで、実在しません。 今日スーパーマーケットでは非常に多くの種類のワインが棚に並んでおります。 あなたの購入するワイン選定ポイントは何処にありますか? ゴールドなどを使ったラベルのゴージャスさですか? 受賞歴などのキャッチコピーですか? 今回は、ゴールドを使用した目立つラベルデザインを例に取り上げ、Illustratorで高品質なラベルデザインを行うキーポイントから、ブランドオーナーとのデザイン承認プロセスの改善、シリアル番号をバリアブル情報としてバリアブル印刷ジョブを作成する方法、そしてバリアブルジョブを高速に印刷する仕組みまでをこの一つの例で紹介してまいります。 尚、提案した入稿ファイル形式が、弊社製品で効率よく使用できることを確認しております。

GGWine.jpg

page2024へ出展が決定

 グローバルグラフィックス株式会社は、2005年からコロナ禍のオンライン出展も含めて18年間連続してpage展に出展し続けておりますが、来年2月に開催予定のpage2024にも引き続き出展させていただくことになりました。

 2020年のカーボンニュートラル宣言を皮切りに、日本でも多くの企業でサステナビリティへの取り組みが本格化しています。page2024展では、ラベルやパッケージ作成における省力化や省資源化にフォーカスした製品の訴求をしてまいりたく考えております。特に必要な時に必要な数のラベルやパッケージを迅速に作成できる高速のワンパスインクジェットプリンタベースのソリューションにフォーカスしております。

 page2024展では今まで行ってきたプロダクト毎に独立した製品訴求方法はとりません。ラベルやパッケージ作成の上流工程から下流工程に至る工程全体でどのように弊社グループの製品やソリューションが使われ、どのような価値を提供できるかを、一つの代表的なラベル印刷ジョブを例に取り上げ、解り易く説明・デモしてまいります。具体的には、ラベルデザインの3Dのシュミレーションによるブランドオーナーとのデザイン承認プロセスの迅速化や各種の経費削減から始まり、入稿されるPDFジョブの分析と修正、バリアブルデータージョブの作成、面付け、カラーマネジメント、そして高速のワンパスインクジェットプリンタでオンザフライでRIPしながら印刷するために必要となる仕組みに至る工程で業界最高レベルの価値を提供する弊社グループの製品を訴求してまいります。当社グループとの協業を是非一度ご検討ください。

Global Graphics、「高速、シングルパス、ロールツーロールのインクジェット印刷機に最適なデジタルフロントエンドの選択」というホワイトペーパーを公開

 シングルパスの高速デジタル印刷機用のDFEやDFEを含むワークフローソリューションをこれから新たに開発、もしくは開発し直そうとお考えの方、どこまで自社内で開発しようかとお考えの方も多いのではないでしょうか。開発に要求される技術が多岐に渡り、RIPコアのライセンスを受けすべてを自社内でスクラッチで開発するのことも可能だが、タイムツーマーケットさらには費用対効果も重要なポイントです。そこで、いくつかのポイントをまとめた日本語版ホワイトペーパーをGlobal Graphicsが作成しましたので、今DFEやDFEを含むワークフローソリューションの開発を検討されている方は、一読されては如何でしょうか。

 このホワイトペーパーでは、性能の最適化、印刷画質の確保、シームレスなワークフローの実現、プロダクションシステム内での安全な接続の確立など、インクジェット印刷のさまざまな側面でDFEの役割について説明します。このホワイトペーパーの入手は、以下サイトの左下にある「DFEのホワイトペーパーは以下をクリック。」と記載されている下のPDFアイコンをクリックしてください。

https://www.globalgraphics-jp.jp/

HYBRID Software、「Capture 3D」を公開しました。

 HYBRID Software の最新テクノロジーである「Capture 3D」は、3Dモデリングとシュリンクスリーブ品質を際立たせるエキスパートアプリケーションです。 2Dアートワークの3Dモデリングへのマッピングで、熱収縮を正確に再現し、結果を視覚的にリアルな3Dプレビューで共有することができます。 この革新的な技術により、正確で簡単なグリッド歪み補正を数日ではなく数分で達成でき、市場投入までの時間を大幅に短縮することができます。 また、「Capture 3D」はデッドゾーンをなくすので、顧客パッケージは、視覚的なアピールとブランド認知度を高めるといった重要な資産を両立できます。

詳細は、ここをクリックして、「Capture 3D」のYouTubeのムービーを御覧ください。

プロセス概要:
 まず印刷方式とパッケージに最も適した3Dグリッドパターンを選択します。次に、グリッドを印刷し、モデルの周囲で縮小します。次に、レフレックスカメラを使ってモデルの周囲360°を正確にスキャンします。

 これにより、歪みを反映した独自グリッドが生成され、「Capture 3D」にアップロードされます。最後に、2Dアートワークは3Dモデルにマッピングされ、HYBRIDワークフローの一部として共有され、デザインは承認された後、印刷に送られます。

 通常、完成までに何日もかかるプロセスが、スムーズなワークフローに統合され、数分で完結します。比類のないシュリンクスリーブ品質達成のワークフローに興味があれば、お問い合わせください。

Capture3D.jpg

ColorLogic GmbHが、究極のカラープロファイリングツールであるCoPrA 10を発売

 ColorLogic GmbHは、究極のカラープロファイリングツールであるCoPrA 10を発売しました。新機能にはチャネル設定、正確なトーン値カーブのためのG7補正、効率的なDeviceLink変換、改善された編集ワークフロー、プロファイルレポートにおけるG7評価データ、およびカラーマネジメントの新基準を設定する高速プロファイル計算が含まれます。新機能の完全なリストについては、What's Newセクションをご覧いただくか、CoPrA 10 New Featuresビデオのハイライトをご覧いただくこともできます。

iC3Dのカタログの最新版がリリースされました。

 iC3Dカタログの最新版がリリースされました。 この最新版は、ここをクリックしていただき、左側のアイコンの中からiC3Dのアイコンをダブルクリックして入手ください。

● iC3D は、3Dモデルを作成し、2Dデザインを貼り付け、モックアップを作成することなく、大変リアルで立体的な製品の出来栄えをコンピューター上でシミュレーションするソフトウエアです。
● 製品のモックアップを作成することなくコンピューター上でデザインをシミュレーションでき、修正を迅速に適用できるので、社内承認プロセスを短縮できます。
● 3DデザインはWeb上でブランドオーナーと共有できるので、PDCAサイクルを短期間に何回も回すことが可能となり、製品完成後に『こんなはずではなかった』などの問題が発生する確率を低減できます。
● 高解像度の3D画像やムービーが作成できるので、営業活動を製品の完成前に開始することも可能です。

このように、iC3D は、デザインサイクルと承認プロセスを改善するソフトウエアで新たな価値を提供します。

Global Graphics SoftwareのSmartDFEが、PRINTING United Alliance 2023 Pinnacle Product Award for Technologyを受賞

Pinnacle.jpg
 英国ケンブリッジ、2023年8月29日: Global Graphics Softwareの高速産業用インクジェット印刷機向けの強力なデジタルフロントエンドであるSmartDFE™が、PRINTING United Allianceから2023年Pinnacle Product Award for Technologyを受賞したことを発表いたします。 Pinnacle賞は、真に革新的であり、業界に重大な影響を与えることが期待される技術の開発を讃えるものです。

 SmartDFEは、フルバリアブルデータを印刷する高速シングルパス印刷機用の完全なソフトウェアスタックです。 世界最速レベルのPDF RIPであるHarlequin Direct™に基づいて構築されており、人工知能と機械学習を活用した特許取得済みコンポーネントを使用し、ラスタライズとインクジェットドロップ生成を提供し、可能な限り最高の画質と最速の印刷速度を実現します。 その自動化機能により、印刷ワークフローの完全な制御だけでなく、QAと検査、印刷機のメンテナンス、在庫管理のための貴重な情報が提供されます。

 「この名誉ある業界賞を受賞できて本当に光栄です。 私たちは、SmartDFEのイノベーションがインクジェットプリンタの役割を変えると信じています。これは、より幅広で高速なデジタル印刷機を構築する必要があるOEMの要求を満たすだけでなく、製造業務やスマートファクトリーに印刷サブシステムを追加するという要件も満たします。 大量生産に近い価格で大量にパーソナライズされた製品を生産できる工場は、小売業者にとって聖杯です」と、Global Graphics Softwareのマネージングディレクターである Justin Bailey氏は述べています。 「SmartDFEは完全にカスタマイズ可能であり、OEMはデジタルインクジェット印刷機を迅速に市場に投入して競争上の優位性を得るために、必要に応じてソフトウェアスタックから必要な部分だけ選択することができます。」

 同社がPRINTING United Awardを受賞するのはこれで4回目となります。 Global Graphics Softwareの姉妹会社であるColorLogic GmbHも、SmartDFEの重要なコンポーネントである CoPrA 9カラーマネジメント技術が、非出力デバイス部門で2023 PRINTING United Pinnacle Product Awardを受賞しました。 Global Graphics SoftwareとColorLogic GmbHはどちらも Hybrid Software Groupの企業です。