高品質なカラープロファイルの生成方法

 前回までは、iC3Dを使用した3Dオブジェクトをコンピューター上でシュミレートする方法を説明してきました。 この技術はバズワードとなっているNFTやメタバースといったテクノロジー、さらにはWeb3やDAOと呼ばれる世界でも重要になると思いますが、3Dのお話は、今回はひとまずここまでとして、これからはカラーマネジメントの話をしていこうと思います。
 印刷出力物の演色範囲の広さは、使用する媒体とインクで決まります。そして如何に粒状感の少ない、なめらかな印刷を得るかは、高い解像度と高品質なスクリーニングを使用するかどうかで決まります。 さらに如何に⊿Eの小さなオリジナル色に近い、さらにはリニアリティの高い印刷物を再現できるかは、如何に高品質なカラープロファイルを使用するかどうかに掛かっています。 
 これから、2021年10月に当社グループ企業の一つとなったドイツ、ライネのColorLogic GmbH社のカラーマネジメント技術について説明してまいります。 市場では品質の悪いカラープロファイルを使用しているケースも多く、印刷機本来の性能を出せていない印刷機も多く存在します。 今後数回のブログでは、ColorLogicの3ステッププロセスを説明し、高品質なプロファイルを作成する方法と、それらを管理していく方法を説いてまいります。

iC3Dのシェープモデラーでさらに複雑な3Dモデルをデザイン

 iC3Dを使用すると実在しない3Dオブジェクトをコンピュータ上でシミュレーションできます。前回までに、iC3Dの2Dスピナーテンプレートやシェープモデラーを使用した3Dモデルのデザイン例を紹介してきました。今回は、ハンドルが着いた少々複雑な3Dデザインの作成方法を説明します。この方法により、以下の様な3Dデザインを作成できます。

iC3D_Sun.png

● テンプレートライブラリから「シェープモデラ」をシーンにコピーします
● バックグラウンドイメージマネージャーを開き、ガイドとなる画像をロードします。
● ガイド画像を背景にしてハンドルを除いた部分のモデルデザインを行います。

iC3D_Sun1.png

● ポイントを追加し、ハンドル以外の部分のモデルデザインを完成し、シーンに追加します。

iC3D_Sun2.png

● ハンドル部分を作成する。
● オブジェクトエディタの「プリミティブを追加」を選択し、内筒経を選び分割数(この例では、幅:16,高さ:13)を設定し、作成をクリックします。
● ガイド画像を適切な位置に移動します。

iC3D_Sun3.png

● オブジェクトエディタのポイントエディタで
ハンドル部分のデザインを行います。

iC3D_Sun4.png

詳細はsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください

iC3Dのシェープモデラーで少し複雑な非対称3Dモデルをデザイン

 iC3Dを使用すると実在しない3Dオブジェクトをコンピュータ上でシミュレーションできます。前回は、iC3Dの2Dスピナーテンプレートで回転軸を使った3Dモデルの作成方法を説明しました。この方法によりシンプルな3Dデザインを簡単に作成できますが、水平にカットしたときの切り口が円形にならない3Dデザインを作成できません。今回は、切り口が円形にならない3Dモデルを、iC3Dのシェープモデラーを使用して作成する方法を説明します。このツールにより、バタータブのような3Dデザインを簡単に作成できます。

バタータブ作成例:
● テンプレートライブラリから「シェープモデラ」をシーンにコピーします。
● シェープモデラで新しいモデルをデザインします。
● 作成後、シーンに追加し、マテリアルライブラリから「マテリアル」を選択します

iC3D_butter_bottom.png

● 蓋は同様にして作成し、シーンに追加し、マテリアルを選択します。
● スケーリングオプションで拡大・縮小後、トランスフォーム機能で、適切な 位置に蓋を移動します。

iC3D_butter_top.png

詳細はsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください

iC3Dの2Dスピナーテンプレートで回転体をベースに3Dモデルをデザイン

 iC3Dを使用すると実在しない3Dオブジェクトをコンピュータ上でシミュレーションできます。 前回までは、テンプレートライブラリに登録されたモデルを使用した例を説明してきましたが、今回は、iC3Dの2Dスピナーテンプレートで回転軸を使ったモデル生成方法を説明します。この方法は、最もシンプルな3Dデザインを作成する方法の一つで、垂直軸に沿って360°回転する2Dデータから3Dデザインを作成します。この方法で作成された3Dデザインは、水平にカットすると常に切り口が円形となるのが特徴です。このツールを使用すれば、ワインボトルなどの自由なデザインが可能となります。

● 「テンプレートライブラリ」から「2Dスピナー」をシーンにコピーします。
● 2Dスピナーテンプレートで新しいモデルをデザインします。
● 「厚み」を指定して、肉厚を設定します。
● 「プレビューのアップデート」をクリックし、プレビュー画像を表示します。
● 期待通りのデザインであれば、「シーンにモデルを追加」をクリックします。

iC3D_2DSupinner.png

詳細はsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください

iC3Dを使用した販売ブース/シェルフの陳列シミュレーション

 iC3Dを使用すると実在しない3Dオブジェクトをコンピュータ上でシミュレーションできます。 今回は、販売ブース/シェルフの陳列シミュレーションを例に取りどのようなシミュレーションができるかの例を紹介します。

 多くの代表的デザインを登録したテンプレートライブラリから什器ビジュアライザーをシーンにドラッグ&ドロップし、幅と、ユニットスタイルを以下から選択します。

● シングルシェルフ
● 5段シェルフゴンドラ
● オープン冷蔵ユニット
● ガラスドア冷蔵ユニット
● ダイナミックシェルフ
● コンテナ

 以下の例は、シングルシェルフ(棚板)を選択した例です。
 これは、これまでに説明した3種類のiC3Dオブジェクトを取り込んで構成しており、すでに個々のiC3Dが存在しているのであれば、以下の3Dシェルフデザインを作成するのに5分と掛かりません。

iC3D_shelf.png

詳細はsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください

iC3Dを使用したカートンのシミュレーション

 iC3Dを使用すると実在しない3Dオブジェクトをコンピュータ上でシミュレーションできます。 今回は、カートンを例に取りどのようなシミュレーションができるかの例を紹介します。

 多くの代表的デザインを登録したテンプレートライブラリからカートンを選択して、シーンにドラッグ&ドロップします。

● 「図面のインポートから」カットラインや折り線を含む図面をインポート(dxf, cf2)します。
● 「ラインを分割」をクリックする。
● すべてのラインを一旦カットに設定し、その後折のライン(赤)をすべて選択して、折りに設定します。 その後モデルを生成をクリックします。 
● 正面となる面をクリックし選択します。
● 「基材の編集」から使用する基材を選択します。
  ● フロントマテリアルを選択 (White)
  ● バックマテリアルを選択
  ● サイドマテリアルを選択
  ● マテリアルの厚さを指定
● 「モデルを生成」をクリックします。
● 折り線を全て選択し、折角度を90°に設定します。
※ 蓋を折りたたむアニメーションムービーを作成することも可能です。

iC3D_box_1.png

● 「シーンにモデルを追加」をクリックし、「AI」をクリックし
「ファイル」->「配置」からデザインファイルを貼り付けます。
「今すぐアップデート」をクリックします。
● PACKZからのデザインファイル取り込みも可能です。

iC3D_box_2.png

詳細はsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください。

iC3Dを使用した難包装(ピロー)のシミュレーション

 iC3Dを使用すると実在しない3Dオブジェクトをコンピュータ上でシミュレーションできます。 今回は、難包装(ピロー)を例に取りどのようなシミュレーションができるかの例を紹介します。

 多くの代表的デザインを登録したテンプレートライブラリからピローを選択して、シーンにドラッグ&ドロップすることによりiC3Dテンプレートが開き、以下の含むさまざまな設定が可能です。

● ピローのサイズ(幅、高さ)を設定可能です。
● 内容量を、軽い、ミディアム、重い、スクエアから選択できます。
● 内容物の膨らみ具合を、シームレスに調整可能です。
● トップ・ボトムシールの高さを個別に設定可能です。
● シールのスタイルが選択可能です。

① ティアノッチを、無し、V、Uから選択できます。
② ベグ穴を、無し、ラウンド、ソンブレロ、バタフライ、デルタ、LetterBoxから選択できます。
 ● 上下方向の位置、幅、高さを設定可能です。
 ● クレヌレーションの設定ができます。
③ ロック機構を、無し、Innolock、ジッパーから選択できます。
 ● 上下方向の位置を指定できます。
④ ● ベースフラップを垂直もしくは下に垂らせます。

 もし希望があれば、フラップのリアリティあるシワシワも表現可能です。

 希望の3Dデザインオプションを選択後、シーンにモデルを追加します。 そしてIllustratorもしくはPACKZからピローのデザインとなるアートワークを取り込みます。

iC3D_pillow.png

詳細はsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください。

iC3Dのライティングエディタ機能

 iC3Dを使用すると実在しない3Dオブジェクトをコンピュータ上でシミュレーションできます。 前回は、ワインボトルを例に取りどのようなシミュレーションができるかの例を示しましたが、今回は光源やレイトレーシングについてもう少し掘り下げて説明します。

 iC3Dにはライティングエディタという機能があり、ライト、バックグラウンド、カラーとエフェクトを編集できます。 以下の例では、いくつかの光源設定の例を示します。

① 光源設定が無い状態です。
② 2つのゆるい光源を設定しました。 効果は瓶やゴールドの部分の反射に反映されております。
③ 多くの複雑な形状の光源を設定しました。 強い反射効果が瓶やゴールドの部分の反射に反映されております。
④ カメラの背景の画像を右上の写真に設定しました。 よく見ると瓶の部分にその画像が反射しています。

瓶を回転させたり傾けたり出来ますが、反射の効果はオンザフライで反映されます。

iC3D_lighting_editor.png

詳細はsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください。

iC3Dを使用したガラス瓶のシミュレーションとレイトレーシング

 iC3Dを使用すると実在しない3Dオブジェクトをコンピュータ上でシミュレーションできます。 今回は、ワインボトルを例に取りどのようなシミュレーションができるかの例を示します。

① 液体の種類や液体色や透明度を設定可能です。 これは、レッドワインボトルの例です。
② レイトレーシングに対応し、ボトルのガラスやゴールドに設定されたラベル箇所にカメラ側の画像が写り込んでいます。
③ スポットカラーのゴールドをiC3DのGoldにアサインした例です。
④ ラベルは簡単に追加できます。
AIボタンでIllustratorを開き、デザインを作成、もしくは既存のデザインを貼り付けできます。 もしくは、直接AIやPDFを貼り付けできます。 PACKZとの相互運用も可能です。
⑤ スポットカラーのGold Emboss をiC3DのGoldにアサインし、さらにバンプの深さをMaxに設定し、テキスト部でエンボスを表現した例です。
⑥ その他、シャドーやリフレクションも設定できます。 背景画像や、複数の光源も設定できます。

iC3D_wine.png

詳細はsales@globalgraphics.co.jpまでご連絡ください。