萩さん日記
デジタル印刷と電子ドキュメントの新潮流
グローバルグラフィックス、page2016でURW++のグローバルフォントを紹介
2月3日(水)から5日(金)まで東京池袋のサンシャインシティコンベンションセンターTOKYOで開催されるpage2016展のグローバルグラフィックスブース(D-33)で、2015年9月に弊社の傘下になったURW++のグローバルフォントを紹介します。

グローバルマーケットの発達と拡大、そして新技術がフォント開発会社に新たな要求と挑戦をもたらしました。 欧米企業の新製品は近東とアジアのマーケットに参入し始めています。これらの製品が商業的に成功するには、非ラテンのシステムフォント、たとえばアラビア語、ヘブライ語、キリル文字、デーヴァナーガリー文字、中国語、日本語、韓国語等に対応する必要があります。

携帯電話用の組み込みデバイスのみならず、車載のインフォメーションシステム、洗濯機、制御システム、医療デバイス、さらにはグローバルに展開するすべての製品でグローバルフォント対応が求められております。 たとえば、Unicodeベースのオンライン発注システムを例に上げると、世界中のいかなる場所からでも発注やその他情報の記載ができる必要があります。 その他の例では、非ラテン言語でパッケージや説明書きが必要となる化学製品が挙げられます。 もしくは、Webベースのテクニカルドキュメントシステムで情報を世界中に提供する例が挙げられます。グローバルフォントが必要となる多くのアプリケーションが世の中に存在します。このようにグローバルフォントに対する市場が、明らかに急増していることが容易にご理解いただけると思います。

URW++は、デジタルアウトラインフォントの発明者として、そしてフォント技術におけるパイオニアとして、同社のIKARUSソフトウエアを開発し、30年以上もの間アジア圏の顧客にライセンスしており、中国語、日本語、そして韓国語を含め非ラテンフォントのデザインとデジタル化の要望に対応するために一歩づつシステムを改良してまいりました。 当社は、これらの経験を通して、これら文字について非常に多くを学び、アジア圏における提携先やジョイントベンチャーパートナーと共に、弊社独自CJK (中国語、日本語、韓国語)フォントを開発してまいりました。

すべてのグローバルフォントは、完全なCJKグリフを含め、約35,000~65,000グリフを搭載しております。 Nimbs Sans Global、Nimbus Roman Global、Nimbus Mono Globalフォントは、すべてのラテン語、ギリシャ語、キリル文字、さらには完全なCJKグリフセットの他、日本語のカタカナと平仮名、さらには韓国のハングルシラブルを含みます。 さらに、これらはアルメニア語、グルジア語、タイ語、アラビア語(ペルシャ語とウルドゥー語を含みます)、さらにはヘブライ語とデーヴァナーガリー文字(ヒンディー語を含む)に対応しております。

csm_Global_Fonts_Flag_460x460_2f8f653175.png
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 萩さん日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.